« 日系ブラジル人の犯罪で考える | Main | 今年の蛙 »

terça-feira, 29 de junho de 2004

ブラジルとポルトガル

ポルトガルにも行ったことがある。

ブラジルとどう違うのかを知りたかった。
やっぱりヨーロッパであった。
ブラジルの香りはしない。
でも、ヨーロッパの辺境。
「ここに地終わり、海始まる」というのは、事実だった。

首都リスボア。
大航海時代から変わらず残っているような街並み。
男たちが次々と一攫千金を狙って、海へ出て行った時代のまま。
そして、富を得たものはほんのわずか、ほとんどが戻らなかった。
そうして、ポルトガルは衰退した。

街で「壁飾り」を買った。
「あんた、ブラジルだね。わかるよ。なまっているもん。」
老婆が言う。

夜。
ファドの歌が、ギターの音に合わせて、路地の奥からきこえてくる。
霧がでていた。

|

« 日系ブラジル人の犯罪で考える | Main | 今年の蛙 »

Comments

私もいつかポルトガルに行ってみたいです。
ブラジルのサンバとサッカーと同じように、
ファドのイメージや古い教会しかわかりません。

ギリシャにいって思ったのですが栄枯盛衰。

一時は世界の中心にあったポルトガル。
なんでポルトガルのような小国が、大きな影響をもつ国になったんでしょう?

Posted by: ハナマリ | terça-feira, 29 de junho de 2004 at 16:48

今でもポルトガルの人口は多くない。
大航海当時は、200万人くらいと読んだ気がします。

イスラム教を追い出して国土回復をしたことと、国土が貧しかったこと、隣のスペインの影響を受けたことなど、いろいろあったんでしょうね。

まさに、栄枯盛衰。

旧市街の商店街には、世界ブランドものの店が無くて良かった。
ローカルだけど、個性のある店がありました。

Posted by: Sao_Paulo | quarta-feira, 30 de junho de 2004 at 14:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/868756

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルとポルトガル:

» ことば・・・ [CELEBRATION]
いろいろ幅広く旅をなさっているsao pauloさん。 リスボンにもいらしている [Read More]

Tracked on sábado, 3 de julho de 2004 at 10:54

« 日系ブラジル人の犯罪で考える | Main | 今年の蛙 »