« ブラジルは「活字」が嫌い? | Main | サンパウロのファッションショー »

sexta-feira, 16 de julho de 2004

良い映画があった。

渋谷には映画館がたくさんある。

その気になれば、いつでもすぐに映画に行ける。
しかし、実際にはしばらく行っていない。
いつでもいけるという気楽さが、足を遠ざけている。

オールナイトでは終わった後に、徒歩で帰ることが出来る。
鑑賞料以外の費用を使う必要がないので経済的だし、
寝る時間も確保できる。
早朝興行といっても、特別に早く起きる必要がない。

渋谷には、
ミニシアターがどんどん出来た。
でも、名画座は帰ってこない。

24時間の情事HIROSIMA,MON AMOURという映画があった。
1959年制作という。
フランス映画なのだが、主演の一人が岡田英次だった。

今日ちょっと、その映画のことを久しぶりに思い出した。

|

« ブラジルは「活字」が嫌い? | Main | サンパウロのファッションショー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/988153

Listed below are links to weblogs that reference 良い映画があった。:

» 岡田英次さん。 [CELEBRATION]
sao pauloさんにとっては、渋谷や青山はお庭のようなものですね。 渋谷は、 [Read More]

Tracked on sábado, 17 de julho de 2004 at 03:24

« ブラジルは「活字」が嫌い? | Main | サンパウロのファッションショー »