« オリンピックが始まる。 | Main | 水曜日に車がくる »

sábado, 14 de agosto de 2004

標高700-800メートル

サンパウロは、標高700-800メートルの高原に位置している。
軽井沢のようなものだ。

よって夏でもそれほど暑くはならない。
回帰線に位置していながら、30度を超える日は
東京よりずっと少ない。
そして、夜はぐっと冷え込む。
エアコンは、一般家庭では無くてもすむくらいだ。

今は、冬。
朝晩はぐっと冷え込み。
吐く息が白い。
日中は、結構気温が上がる。
着る物を1日に何度も替えなければ、
体調を崩す。

サンパウロには、市内を見渡せるポイントがない。
20階を超える高いビルだらけで、お互いに視界を遮っている。

その中で、もっとも高いところが
Pico de Jaraguaと呼ばれる小高い山だ。
サンパウロの北西に位置し、
市内を見渡せる。

サンパウロ市内から見ると、写真の通り。
標高差は、500メートル程度しかない。

テレビ等などが林立している。
sp20040814a.jpg

|

« オリンピックが始まる。 | Main | 水曜日に車がくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1197338

Listed below are links to weblogs that reference 標高700-800メートル:

« オリンピックが始まる。 | Main | 水曜日に車がくる »