« 経営再建中の「青山ブックセンター」、営業再開へ | Main | 日本食は高いのでびっくり »

terça-feira, 24 de agosto de 2004

路上生活者の殺人事件-その2

今日は、午後3時過ぎに、
最後の「殺人」現場の前を歩いて通った。

2回もその前を通った。
最後に車でも通った。

バロン・デ・イグアペ通り(イグアペ男爵通り)の
フォルクスワーゲンの販売店の柵のところだ。

現場には、警察が残した警戒線の残骸が残っていた。

テレビ局のカメラマンやレポーターも、みえた。

すでに、そこには2名の路上生活者がいた。
ちょうど大きな木が茂り、雨や日差しを避けやすいのだろう。
殺人現場そのものでも、そこにしか住むところのない現実がある。

聖画も、ロウソクも、花の一つもなかったのが、悲しかった。

|

« 経営再建中の「青山ブックセンター」、営業再開へ | Main | 日本食は高いのでびっくり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1274732

Listed below are links to weblogs that reference 路上生活者の殺人事件-その2:

« 経営再建中の「青山ブックセンター」、営業再開へ | Main | 日本食は高いのでびっくり »