« 勝手な休み | Main | ヴァンダレイ・デ・リマ選手は、まだ時の人 »

terça-feira, 7 de setembro de 2004

アイルトン・セナ・ダ・シルバ、ここに眠る

サンパウロの郊外「高級住宅街の代名詞」のモルンビ。
ここに、モルンビ墓地がある。

日曜日の午前中、ちょっと出かけてみた。
道も極端に空いていたせいで、15-20分ぐらいでわけもなく到着した。

墓地の駐車場に車をおいて、墓地内にはいる。

sp20040905k.jpg

墓地は、30年ほど前には一応整備されて、分譲されている。

サンパウロの墓地は、市内中心部の歴史的な古い墓地では墓石が大きく、
また彫刻の森かと思えるほどすばらしい装飾が施されたものがある。

この墓地は違う。
一面の芝生に、金属のプレートで物故者の氏名などが書かれたものが
置かれているだけの極めてシンプルな形の墓地だ。

奥に向かって歩みを進める。

芝生と、そして所々に木が生えていて、公園のようだ。
静かだ。
ところどころの墓銘碑には、鉢植えの花が供えられている。
参拝者がおいていったものだ。

ちょうど、埋葬の儀式が行われているところもあった。

墓地のほぼ中心部、大きな木の脇にこの墓地で一カ所だけ
黒と黄色のテープで囲いがされたところがある。

sp20040905i.jpg

ここが、80年代後半から90年代はじめを走り抜けた、
F1のレーサー”アイルトン・セナ・ダ・シルバ”が永遠の眠りについているところだ。

今も訪れる人は途切れていない。
いくつかの鉢植えとともに、ブラジルの国旗もある。
彼は、ブラジルの誇りだ。

sp20040905g.jpg

墓銘碑を見る。
名前と、生誕とそして無くなった日が書いている。
「神のご加護を永遠」というようなことが書いてある。
(直訳ではちょっと違うが、宗教的で回りくどい言い方だ。)

sp20040905f.jpg


ただ、それだけの、たったそれだけの墓銘碑だ。
ここにはもう、F1レースカーの爆音も何もない。
鳥たちのさえずりだけがあった。

ちょっと離れたところから、
墓地全体を見回してみた。

この墓地に来るのは、個人的には17年ぶりだ。
公園を囲む緑の先には、
いくつもの大きな高級アパートが建ってきている。

sp20040905e.jpg
(クリックしてみてください。)

変わっていく風景と過ぎていく月日を思った。

もう一度、アイルトン・セナ・ダ・シルバの眠る場所の方向を見て、
墓地をあとにした。

|

« 勝手な休み | Main | ヴァンダレイ・デ・リマ選手は、まだ時の人 »

Comments

おじゃまします。Toe-Kickerと申します。
なんと言うか、、、グッとくるものがありますね…。
ブラジルの誇りであり世界的なヒーローでもある彼のお墓は、もっと派手で豪華なものかと思ってました。
トラックバックありがとうございました。
この記事を見ることができて本当に良かったです。
当方サッカー好きでもありまして、これからもちょくちょく拝見させていただきます。

Posted by: Toe-Kicker | domingo, 24 de outubro de 2004 at 04:24

こんにちは。みほれみと申します。
13年ほど前に、わずか5日ほどサンパウロとブラジリアに旅行で行ったことがあります。そしてさらに私は、かつてのセナ・ファンです。
セナのお墓、今でもお花を供える方がいらっしゃるのですね。
とても感慨深いです。「写真をのせてくださってありがとう」、というような気持ちがしました。
サンパウロまではなかなか行けるものではありませんし。
静かなお墓の様子を知って、とてもおだやかな気持ちになりました。
ブラジルは今もやっぱり、とても空が大きく見える土地のようですね。
旅行で行った時のことを思い出しました。なつかしいです。

Posted by: みほれみ | sábado, 30 de outubro de 2004 at 09:09

セナは、今も、ブラジルの英雄です。
語り継がれていくものと思います。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 30 de outubro de 2004 at 13:02

数年前、Brasilに行った折、ちょうど、sennaの7回忌の年で、命日もちかいこともあり、どうしてもsennaのお墓参りをしたかったのですが、危険だからダメ!と止められかないませんでした。
このような、平和な写真を見るにつけ、行かなかったことが、とても悔やまれます。

Posted by: maria do japao | sábado, 30 de outubro de 2004 at 21:26

はじめまして。
サンパウロに来てから1年になるしゅうともうします。

僧侶としてやってきました。

今日 モルンビーで葬儀があり、その帰りにアイルトンセナのお墓に御参をしました。

以前からこのブログを拝見していましたが、今回、モルンビーの写真を探してたら、またこのサイトにあたりました。 セナについての記事をリンクさせていただきました。

私は熱狂的なF1のファンではありませんでしたが、それでもアイルトンセナは大好きでした。

ブラジルに来てセナの話を聞くにつれ、またさらにすきになりました。

今回お参が出来て少し心に迫るものがありました。

これからもブログを楽しみに拝見させていただきます。

Posted by: しゅう | quarta-feira, 14 de maio de 2008 at 20:50

>しゅう様
モルンビー墓地は、意外に日系のお墓が多いところです。 分譲が開始されたころ、転売益を狙おうと、口コミがひろまっていたそうです。結局は転売は禁止だったのであてがはずれたそうです。あの墓地に葬られているのは何もお金持ちだけではないということです。
これからも、ご職業柄あの墓地をおとづれることも多いのでしょうが、日系の方の霊もまとめて時には慰霊してあげてください。
今年は、つい先ごろ5月1日のセナの命日にあの墓地に行きました。
それから、余計なことですが、ご法話はそろそろポルトガル語でも編纂してはいかがでしょうか。
いつまでも、日本人だけを相手に日本語で行っていても先がありません。法事に訪れる方々はほとんど日本語を解しない方々です。
せっかくお寺を訪れた方々に、ちんぷんかんぷんでは意味がありません。
布教の機会を逃しているとしか言いようがありません。
いくつかの日系宗教にもそういったところがあります。
逆に、全く日本語が消えてしまったような日系宗教もあります。どちらがどうとは言えないけれど、ここがブラジルであることだけは事実です。
葬式だけの宗教であってはならないと思います。
頑張ってください。

Posted by: Sao_Paulo | sexta-feira, 16 de maio de 2008 at 22:56

(ノ_-。)この気持ち、共有してください!
運が良いとはこの事か、私の家族はモルンビーにお墓を買いました。それも、大好きなセナの眠る隣の半月地に!ずっと大切に思っていたのが、Lショックの結果、どう頑張っても維持していけなくなり、せっかくのお墓を売って手放さなくてはならないと決心。今は、大事に守って頂ける方に渡る事だけが心の叫びです!

Posted by: yamaちゃん | segunda-feira, 10 de janeiro de 2011 at 02:53

思い出…
私は過去、旅行業で働いていた。
長年やっている間に、日本からブラジルを訪れるお客様方をF1で生のセナを観るのにインテルラーゴスサーキットへ数回お連れした。楽しかったなあ。
それがある時期からサーキットからモルンビーへと行き先が変更してしまった。
其方へお参りするようになってからも色々とあったが先ずは、何故モルンビーなのか?
セナが亡くなられてからよく言われていた一説は、あの墓地は複数の円型に区切られており、中心の円をタイヤと見立てて、その真ん中のお墓に眠ってもらう、という事。 更にそこには国花の黄色いイッペーの苗が植えられた。
処が数年後、いざそのイッペーが開花したのを見ると、なんとピンク!(イッペーは黄色が国花、その他白、ピンク、紫の4種)。
このタイヤの説については、ご家族の方々は微妙に口篭る点も見受けられたが「これはファンの皆様にお任せします」と優しいお言葉を頂きました m(_ _)m
さて、セナが好物としてリオデジャネイロへ行く度食していた料理は:
> また次回に(゚ー゚)v
では、ポ語の方が解りやすい方々に上記を略しておきますのでまたいつか!

Posted by: yamaちゃん | domingo, 23 de janeiro de 2011 at 06:20

Recordacoes...
Ha muito tempo atras, trabalhei na area de turismo.
Muitas vezes levei os turistas japoneses ao autodromo de Interlagos para ver a F1, e principalmente, ver Ayrton Senna ao vivo.
So que, de um determinado momento a direcao mudou, de Interlagos para o Cemiterio do Morumbi.
Muitas lembrancas veem aa tona, dos tempos em que visitavamos o Senna no C. Morumbi,mas, porque ele foi sepultado la?
Conta-se que isso se deve ao fato do C.Morumbi ter o terreno dividido de forma circular; e o circulo central foi denominado como a "roda" da sua Honda, e foi escolhido o jazigo central do circulo central. Para completar, foi plantada uma muda do Ype Amarelo,simbolo brasileiro, em homenagem ao idolo. Alguns anos depois, o ype cresceu,e deu sua primeira florada, mas o susto foi sua cor: Pink! (O ype amarelo eh simbolo nacional, no mais temos o branco, rosa e roxo)
Se esta versao do Cemiterio do Morumbi eh totalmente veridica ou nao, nao eh certo,pois a Familia Senna deixa interrogacoes, mas enfim, recebemos as gratas palavras dedicadas aos fans de Ayrton Senna: "Nao vamos quebrar o amor e os sonhos dos fans de Ayrton"
> E Ayrton, toda vez que ia ao Rio de Janeiro, nao deixava de saborear...
> Fica pra proxima(゚ー゚)v
senao fai virar novela,nao?
Ateh entao!!!

Posted by: yamaちゃん | domingo, 23 de janeiro de 2011 at 07:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1385585

Listed below are links to weblogs that reference アイルトン・セナ・ダ・シルバ、ここに眠る:

» アイルトン・セナ・ダ・シルバの眠るお墓 モルンビー [新・坊主日記]
お葬式がありました。92歳寂 今はなきブラジルでかつて唯一の日系銀行だった南米銀行南米銀行関係の方でした。 ブラジルの中心街に近いモルンビーという墓地。 あのF1の貴公子、アイルトン・セナ・ダ・シルバ  が埋葬されている墓地です。... [Read More]

Tracked on sexta-feira, 16 de maio de 2008 at 00:43

« 勝手な休み | Main | ヴァンダレイ・デ・リマ選手は、まだ時の人 »