« 奥様のウォーキング | Main | ブラジルのマネキンは刺激的 »

quarta-feira, 15 de setembro de 2004

小泉首相の、サンパウロの、川の視察

さすが、大国日本の首相。
今朝サンパウロに到着したのだが、
こちらのニュースでもちゃんと報道されています。

空港から直行で、市内を流れるチエテ川へやってきた。

この川は、サンパウロを東から西に流れる川である。
空港から市内へはいる道も、この川に沿っている。

実は、この川はラプラタ川の支流であり、
サンパウロから内陸に向かって流れて、
パラグアイ国境、そしてアルゼンチンにはいり、ついに大西洋に出る。
数千キロの大河の上流部分なのである。
しかし、標高差はわずか800メートル程度。
だから、流れが凄く遅い、
また、都市河川故の汚染も酷く、腐臭がきついのである。
ちょっとした大雨の時は、水の捌けが悪く、すぐに氾濫し、
交通の混乱を招いている。

このため改修工事を進めているのだが、
これに日本も資金供与をしているのである。

だから、こうやって州知事が、普段は絶対に近づくことのない
この川へ、小泉首相を案内しているわけだ。

この工事に、日本が資金を出していることは、
ちゃんとブラジルではニュースで今回も報道されている。

また、工事現場の表示にも、日本の資金援助によることも
きちんと記載されている。
(一般の人が、そのようなことを気にしていることもないと思うが。)

日本のすぐ近くの大国が、
この資金援助の何倍もの援助を受けていながら、
その事実を人民にいっさい伝えず、
また反日的な教育を行っていることと比べると、
この気遣いは、そこまでしなくてもといいたくなる。

資金援助の目的は、友好の確立であるはずで、
感謝もされないどころか、スポーツの場で領事の車のガラスが
割られてしまうようでは、全く目的を達していないとしかいいようがない。

日本の税金である資金援助の使い方に、
その効果など考えるべきことも多いのではないかと思う。

もちろん、お金を出したからと、恩着せがましいことをいう
事を勧めているわけでは決してない。

小泉首相は、明日は午前中はサンパウロにいて、午後からは首都ブラジリアに行って
ルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバ大統領とあることになっている。
明後日は、メキシコに向かうそうだ。
この日程は、相当きつい。


2004091404.jpg

|

« 奥様のウォーキング | Main | ブラジルのマネキンは刺激的 »

Comments

資金援助のあり方、受け方には考えるところがありますね。
でも、資金の元になっている、納税者側にも意識の問題もあると思います。暇な主婦になったらふと考える余裕ができました。そういう働き方にも問題があったのかもしれませんね。

Posted by: りこ | quinta-feira, 16 de setembro de 2004 at 10:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1441313

Listed below are links to weblogs that reference 小泉首相の、サンパウロの、川の視察:

» ブラジルの期待。 [Espresso Diary]
小泉総理が、サンパウロで語りました。「ブラジルは可能性に富み、政治、経済面で安定している」。時代も変わったものです。ブラジルといえば、不安定の代表みたいなものだ... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 15 de setembro de 2004 at 10:55

« 奥様のウォーキング | Main | ブラジルのマネキンは刺激的 »