« ブラジル・サンパウロの「飛行船」 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 6 鏡に見入る小鳥 »

quinta-feira, 23 de setembro de 2004

ブラジルのサッカーの将来は大丈夫か

今日は、忙しかった。
昼には、パウリスタ大通りの、ブリガデイロに地下鉄の穴あたりで
横断歩道ではないところを渡ろうとした女性が、
「きゃー」という悲鳴ととにバイクにぶつけられて、豪快に吹っ飛ぶのを
目視した。
渋滞中のことで、スピードもさほど出ていない中での事故で、
命に別状はなかったようだ。
一時間ほどで、何もなかったように、車が走り、
また渡っている人がいた。

夕方に呼び出しを受け、市内中心部の
Rua Estados Unidos(意味は、アメリカ合衆国通り)に行った。
それも、Hudcok Lobo通りとかBela Cintra通りとか
高級レストラン街の近くで、午後7時過ぎともなると
酷く渋滞していた。

そのあと,ひどくもめて結論が出ず、明日午前に仕切直しとなった。

午後9時近くに、むなしく戻っていたのだが、
今日は水曜日でサッカーの試合があることをつい忘れてしまっていた。
モルンビーの競技場まで数百メートルのところで、
競技場の明かりが煌々とついているので、しまったと思ったが
もう違う道を取ることができないところに来ていた。

ところが、意外なことにすいすいと進めた。
もちろん、ファンはいたが、それほど多くない。

試合が始まった後かと思って、家に戻って新聞で確認をしてみた。
試合開始は9時45分。
まだ、始まっていなかったのだ。

今日の試合は、サンパウロ対サンカエターノだった。
テレビで見て気づいたが、全然人が入っていない。
いくら水曜日とはいえ、競技場の収容人数の2割もいないようだった。

試合は、1対1でPK戦となり、結果としてサンパウロが勝った。

同じ時間に、サントス対フラメンゴ戦もテレビでやっていた。
こちらは、競技場が狭いせいか、ほぼ満員。

結果は、2対2で、これもPK戦の末、サントスの勝利。

新聞にも書いてあったが、
ブラジルのサッカーのレベルが落ちていると書いてあった。
0対0の試合が増えている。
シュートの成功率が減っている
パスの成功率が下がっている
等々のデータとともに語られている。

技術的な問題が多いとある。

結果として観客動員数が減っているのだろう。

もちろんトップの選手は、みんなヨーロッパで大活躍であり、
最近はそれらの試合もテレビでやっている。

だが、それらの選手もブラジルリーグで鍛えられて、
でていったわけである。

ブラジルの国内がしっかりしないと、いけないはずなのに。

当分は、まだストックがあるから大丈夫だろうが、
ブラジルサッカーの将来が心配だ。

|

« ブラジル・サンパウロの「飛行船」 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 6 鏡に見入る小鳥 »

Comments

私も車とバイクの接触事故で、バイクの人が飛んで、地面に叩きつけられて、ヒクヒクしているのをみたことがあります。ショックでした。でも、その地域、停電してるから、信号も付いてなくて、大渋滞で、救急車ちゃんときたのかなぁ。

Posted by: りこ | quinta-feira, 23 de setembro de 2004 at 17:48

この事故で、遭遇したのは4回目です。
それだけ、外でプラプラしているせいでしょうか。
日本だったら、野次馬があつまり、携帯で写真を撮ったり、メイルをしたり、カメラで写真を撮ったりするのですが、
ここではそんな人はいないようなのでやめておきました。
しばらくして救急車もCETも来ていたようでした。
たぶん、そう大きなけがではなかった思います。
骨は折れているかもしれませんが。

Posted by: Sao Paulo | quinta-feira, 23 de setembro de 2004 at 19:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1502290

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのサッカーの将来は大丈夫か:

« ブラジル・サンパウロの「飛行船」 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 6 鏡に見入る小鳥 »