« 下校風景 | Main | 渋谷が水浸し »

sábado, 4 de setembro de 2004

イパネマの「麻薬売人」との戦争

何度も言うが、サンパウロよりリオ・デ・ジャネイロの方が遙かに危険なようだ。

毎日のニュースが、リオでの血なまぐさい光景を伝えている。

今日は凄かった。
昨夜は、有名な「イパネマ」地区で、
警察と麻薬組織との「抗争」がおき、市街地で銃撃戦があった。

cantagalo03.jpg

高級アパートや商店がある地区だ。
警察は、ビルに向かって銃弾を撃っている。

cantagalo05.jpg

この警察による「麻薬組織」の取り締まりと、それに反発する「麻薬売人組織」との
「抗争」は、このところますます激しさを増しており、
毎日報道されている。

cantagalo06.jpg

とうとう、「イパネマ」までに広がったわけだ。

昨夜はたいした成果はなかったようだ。
何人かが逮捕され、
ピストルや銃弾、そしてバズーカ砲が
没収されただけだ。

そして、今夜も続いているに違いない。

「現実」は、映画を超えている。

rio20040903b.bmp

|

« 下校風景 | Main | 渋谷が水浸し »

Comments

わたしの親友と友達がイパネマに!
メールしなくては。
一人はイパネマの公演の見える所に住んでいるから
事の始終をみていたのでしょうか・・。

あそこはゲイの人たちも多く住んでいるそうですね。

Posted by: ハナマリ | sábado, 4 de setembro de 2004 at 06:08

初トラックバック頂き感謝です。
映画「シティ・オブ・ゴッド」の原作は
リオ・デ・ジャネイロ郊外のスラムでの
1960年代~1970年代にかけての話だそうで、
まさか最新ブラジル事情を
トラックバックで知り、
今も「何か」が脈々と続いていることを知り驚きました。

写真や図表が
センスよくアクセントよく挿入されていて
読み応えあります。
時たまよらせてもらいます。

Posted by: Teo | sábado, 4 de setembro de 2004 at 07:21

このリオの騒ぎは、テレビでは報道されています。
でも、サンパウロの新聞ではあまり扱われていません。
サンパウロは、サンパウロで事件があるからでしょうね。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 4 de setembro de 2004 at 10:11

TBありがとうございました。
あの映画観て、本当の話しと聞いて驚愕しました。
今でも、起こってるんですねー。
恐ろしい話しです。
日本人に生まれて良かったってまじで思います。

Posted by: rukoruko | domingo, 5 de setembro de 2004 at 13:43

コメントありがとうございます。

誤解されてしまったかもしれませんが、
「シティオブゴッド」が青春映画だと言ったのは
主人公の成長やリトル・ゼの孤独、ベネの夢など
映画の中における登場人物の描写が、若者の群像を
鮮やかに描き出しているという点で青春映画的だという事です。

麻薬を巡る抗争自体が青春だというニュアンスでは
なかったのですが...。

Posted by: cielopuff | terça-feira, 7 de setembro de 2004 at 12:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1354855

Listed below are links to weblogs that reference イパネマの「麻薬売人」との戦争:

« 下校風景 | Main | 渋谷が水浸し »