« 正体不明機は撃墜 | Main | ブラジルは、日本の6分の1 »

domingo, 17 de outubro de 2004

ブラジルは世界第3位だそうだ。

フランチャイズチェーン化された店の数で、ブラジルは世界第3位だそうだ。
第1位は米国。
第2位は日本。
コンビニのないブラジルがよく第3位になれるものだ。

フランチャイズチェーンの数は650。
その90%は、ブラジルのチェーンということである。
マクドナルド、ドミノピザなどはあるが、ケンタッキーは定着しなかった。

店の数は、56,000店ということだ。
その販売金額は300億レアイスというから、1兆2千億円ということになる。
これは、パラグアイの国内総生産金額と同じということだ。

ここで働いている人の数は、50万人。

確かにチェーン化された店が増えた。
しかし、どこに行っても同じ店で、個性が無くなったのも事実である。

|

« 正体不明機は撃墜 | Main | ブラジルは、日本の6分の1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1701273

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルは世界第3位だそうだ。:

« 正体不明機は撃墜 | Main | ブラジルは、日本の6分の1 »