« ロマーリオは首 | Main | ブラジルGPのニュースが増えてきた。 »

quinta-feira, 21 de outubro de 2004

リオの警察は、昨年1192人を殺した。

ブラジル第2の都市リオ・デ・ジャネイロは
観光都市である。
しかし、犯罪都市でもある。

そのリオの警察は、昨年1192人を殺したという。

相手が銃器を持っているので、
警察も遠慮無く撃つのが
ブラジルのやり方だ。

また、どんな事件でも、
ブラジルには死刑はない。
また、刑務所が満員だからという理由で
すぐに出てくるケースも多い。

だからというわけではないが、
逮捕せずに、殺してしまえとは
思いたくない。

しかし、善良な市民はそう思っているかもしれない。

少なくとも、殺された人に
無実の人や巻き添えになった人がいないことを
祈るだけだ。

サンパウロでは、どうかというと
人数はともかく同じようなものだ。

|

« ロマーリオは首 | Main | ブラジルGPのニュースが増えてきた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1743216

Listed below are links to weblogs that reference リオの警察は、昨年1192人を殺した。:

« ロマーリオは首 | Main | ブラジルGPのニュースが増えてきた。 »