« サンパウロは終日雨 | Main | 砂浜の鳥 »

segunda-feira, 25 de outubro de 2004

カーニバルにも商業主義の影響

カーニバルといえば、やはりブラジルのリオ・デ・ジャネイロが一番有名だ。
ブラジルではカーニバルとは言わない、「カルナバル(カルナバウ)」という。

このカルナバルは、リオだけではなく、サンパウロでもそして
小さな街でも同じ時に行われる。
小さなものは、子供御輿並みでほほえましい。

リオのカーニバルは、数千人規模のサンバ隊が、踊っている姿が
テレビで紹介されるが、あれはコンテストである。
このコンテストは2日間に渡って行われ、十数組のサンバ隊が
参加する。
採点は、テーマや踊りやハーモニーなどいくつかのポイントがある。

このサンバ隊は、Escola de Samba(エスコーラ・ジ・サンバ:
サンバ学校という訳になる)という。

サンバ隊のオーナーは、非合法の賭け事の胴元ということが
よくいわれてたりしているが、よくわからない。

この数千人規模のサンバ隊にはもちろん莫大な費用がかかり、
その費用は参加者も含めて自分たちでまかなってきたものだが、
近年新たに企業などからの協賛を求めているものが増えてきた。

そのことが、今日の新聞に出ていた。

2005年の各サンバ隊のテーマと協賛者が表になっていた。
サンバ隊の中でも、有名なBeija-Flor(ハチ鳥の意味)は、
リオ・クランジ・ド・スル州政府の協賛を受ける。
テーマは、かつてそのあたりで活動したイエズス会の修道所。
映画にもなった。"Mission"
その遺跡は世界遺産になっている。
つまり観光振興。

Grand Rioは、Nestleの協賛を受ける。
テーマは、ズバリ食料。

Tradicaoというところのテーマは、大豆。
協賛者はアメリカのモンサント。
肥料のほか遺伝子組み換えの種子ビジネスを進めている世界的企業だ。

Mangueiraは、エネルギーというテーマ。
ブラジル国営の石油会社と電力会社が協賛企業になっている。

Vila Isabelは、海と航海がテーマ。造船業界の協賛。

Imperatriz Leopoldineseは、アンデルセン童話がテーマ。
デンマーク商工会議所が協賛。

Mocidade Independenteは、イタリア文化。
ブラジルの航空会社とイタリア商工会議所が協賛。

約半分のサンバ隊がこのような状況になっている。
結局、世界はこんな風潮なんだなと改めて思った。

仮に日本の企業が協賛して、
日本文化などがテーマになったりしたら、
さまになるのだろうか。


|

« サンパウロは終日雨 | Main | 砂浜の鳥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1777123

Listed below are links to weblogs that reference カーニバルにも商業主義の影響:

» ブラジル情報 [フロンティアーズ・クラブ]
一昨日の投稿で紹介したリオのカーニバルがいよいよせまってきたブラジル。ブラジルの最新情報やトピックスをサンパウロから届けているブログ、見つけましたので紹介させて... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 1 de dezembro de 2004 at 11:17

» ブラジル・サンパウロから [フロンティアーズ・クラブ]
サンパウロといえば、ブラジルの大都市。ブラジルを訪問するツアーでは、必ずと言っていいほど立ち寄る町です。このサンパウロの町や、リオのカーニバルの情報など、生の情... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 1 de dezembro de 2004 at 11:43

» ブラジル・サンパウロから [フロンティアーズ・クラブ]
サンパウロといえば、ブラジルの大都市。ブラジルを訪問するツアーでは、必ずと言っていいほど立ち寄る町です。このサンパウロの町や、リオのカーニバルの情報など、生の情... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 1 de dezembro de 2004 at 23:29

« サンパウロは終日雨 | Main | 砂浜の鳥 »