« サンパウロ自動車ショー 9 本田の2輪のキャンペーンガール | Main | サンパウロ自動車ショー 10 鈴木の2輪 »

sábado, 30 de outubro de 2004

サンパウロ市長選挙

サンパウロ市長選挙が行われている。

10月31日日曜日が、第2回目の投票日だ。
第1回目の投票で、どの候補者も過半数を占めなかったので、
上位2者で決選投票が行われる。
このため、3-4位投票獲得者との連合連衡交渉が行われる。

ブラジルでは、選挙は義務だ。
必ず行かなければならない位の義務だ。
行かなければ、その後の各種手続きで問題になることがあるという。
不在者投票は構わない。
住所の変更を届けていないものは、投票所がとんでもないところにあったりして、
当日はちょっとした民族移動が起きる。

ただし、ブラジルは11月2日が休み。
よって、10月30日から事実上の4連休となる。
すでに、金曜の午後から動き始める人もいるくらいだ。
そういう人たちは、投票はどうしているのか。

ブラジルの投票は、電子投票で行われる。
投票機を前にして、
自分の番号を入れる。
そして、候補者固有の番号を入れる。
そうすると画面に候補者の顔などの情報が現れる。
確認を求められる。
それで、投票が完了だ。
だから開票結果は、投票が終了後、あっという間に判る。

選挙活動は、本日で終了。
テレビでの選挙CFからも解放される。
また、毎日8時半から20分どの地上波でも、
同じ選挙番組をやっていたがこれも終わる。

今日は、22時から、
両候補者の直接の討論会を、テレビで放送をしていた。
これは、2週間くらい前に一度、違うテレビで行われ、今回は2度目である。

20041029-debate.jpg

女性が、マルタといって現職の市長。
労働者党の所属で、大統領も同じ党である。
労働者の味方ということになるが、本人は大富豪。
超高級住宅街に、家を借りて、年間400万円ほどの家賃を支払っている。

男性はセッハといって、元々は医者だ。
第1回投票で1位だった。
その後の各種世論調査でも、1位である。
やはり、高級住宅街に住んでいる。
サンパウロ州知事が支持している。

今日、街を歩いていると、
マルタの選挙運動にぶつかったらしい若者が
大声でこういっていた。
「マルタが、Tシャツをくれた」と。
みんなにうれしそうに話をしていた。
安物の選挙運動用のものだ。
結局、こういうことで投票が決まるのだろうか。

|

« サンパウロ自動車ショー 9 本田の2輪のキャンペーンガール | Main | サンパウロ自動車ショー 10 鈴木の2輪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1810391

Listed below are links to weblogs that reference サンパウロ市長選挙:

« サンパウロ自動車ショー 9 本田の2輪のキャンペーンガール | Main | サンパウロ自動車ショー 10 鈴木の2輪 »