« 死者の日の休日終わる | Main | 31分のサッカーの試合(サッカーブラジル選手権) »

quinta-feira, 4 de novembro de 2004

サントス敗れる(サッカー南米選手権速報)

南米選手権は、国内予選が終わり、いよいよ国際試合が始まった。

サントス対LDU(Liga Deportiva Universitária)
(エクアドル)の試合は、キトで行われた。
ブラジルサンパウロ時間21時50分に始まった。

サントスは、
ルゥシェンブルゴ監督の方針で、わずか選手を15人しか連れて行っておらず、
更に主だった選手もほとんど入れていない。

そのせいか、パスミスやトラップミスが多く、
ブラジルを一応応援している方としては、いらいらした。
ミスは強い雨のせいだけではない。

前半、先に先制点を入れられたが、程なく同点に。
更に一点を入れられたが、また追いつくというような
主導権を握れない試合。
シュート数でも圧倒された。
ペナルティーの数では、圧倒。
後半終了間際にはついに、レッドカード。

結果は、3対2。
サントスの負けだ。

※ここログのメンテナンスのため、アップが一時間遅れました。

|

« 死者の日の休日終わる | Main | 31分のサッカーの試合(サッカーブラジル選手権) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サントス敗れる(サッカー南米選手権速報):

« 死者の日の休日終わる | Main | 31分のサッカーの試合(サッカーブラジル選手権) »