« ビーチサンダルHavaiana | Main | 強烈なコントラスト »

sexta-feira, 5 de novembro de 2004

漫画からの日本語

sp20041102e.jpg

日曜版の新聞は、別刷りも多く、厚く、重い。
先週の日曜日には、「漫画からの日本語」というタイトルが
あった。
ポルトガル語でもそういう意味のタイトルになっている。

日本の漫画を読んでいたのは、
かつては日本語を学べと、親から言われていた日系人。
親は、本当は漫画ではなくて、もっと字ばかりの本を読んで欲しいのだろうが、
子供はいきなりそんな物は読めない。

漫画だと、漢字にはふりがなが振ってあるので、
ひらがなを読めばよいのだ。
こうやって、画をみながら、ひらがなをよんで、
日本語を覚えた人も多いようだ。

日本の本は、サンパウロでは日本の価格の2倍する。
それほど高い本を、日本より遙かに低い収入でも
親は買って与えたのだ。

今、時代は変わってきた。
デカセギに、多くの日系人やその配偶者としての
非日系ブラジル人が、日本に来ている。
彼らは、今の日本の文化に触れている。
親が知っている日本とは、全く違う日本だ。

彼らは、日本で漫画にふれてきている。
また、ブラジルでもますます日本製アニメは隆盛だ。

こういった流れを受けて、ブラジル語になった漫画も
ある。
しかし、非日系ブラジル人でもマニアは、
そんな物では物足りないのだ。
日本語の漫画の新作を読みたいのだ。
サンパウロの東洋人街には、日系人向けの
漫画の貸本屋がある。
そこに、非日系ブラジル人も現れる。

そして、漫画をより理解するために
日本語を学ぼうとするのだ。

つまり、「漫画からの日本語」というわけだ。


日本の経済力の伸び悩みで、世界での日本の経済シェアは
下がっており、日本語を学ぼうとする人は減っているようだ。
ブラジルでは、日本から遠すぎることもあって、
非日系人で日本語を学ぼうとする人はいなかっただろう。

しかし、こういった漫画という文化を通して、日本語を学ぶという
流れがあるとは興味深い。

sp20041102f.jpg


|

« ビーチサンダルHavaiana | Main | 強烈なコントラスト »

Comments

日本のマンガといえば、日本のブラジルマーケットでもポルトガル語版『ドラゴン・ボール』がよく売れています。一度『バガボンド』が入荷してましたが、なにぶん物語が途中からなのでまったく売れず、そのうち入荷してこなくなりました...。そちらでは『バガボンド』人気あるのでしょうか?

Posted by: quitandinha | sexta-feira, 5 de novembro de 2004 at 03:52

B5版くらいになったのが、並んでいたような。
今日も、とあるサブカルチュア誌に、漫画の特集があるのを立ち読みしました。
その本屋でも、女子高校生が漫画を立ち読みしていました。

Posted by: Sao Paulo | sexta-feira, 5 de novembro de 2004 at 18:58

私のちいさいおともだちは、私が日本人であるとしって、
「ユウギオー」という日本のマンガのタイトルを
突然言ってきました。11歳だったかな。
私もマンガ好きですが、ジャンルも違うし、昔読んだマンガ
はやっぱり少女漫画なので、小さい彼らとは話が合わず・・・。
でも、マンガからでも興味を持ってもらえるものがあることは
とても嬉しく思いますよね。

Posted by: りこ | quarta-feira, 10 de novembro de 2004 at 10:22

日本のTV番組でブラジルのマンガ事情を放送した動画を見つけたので見てください。
本当にこんなに盛り上がっていますか?
http://blog.goo.ne.jp/neo_japan21/e/09fccdc4f163f5a4f455f4fc635639d5

Posted by: neo_japan | sábado, 11 de agosto de 2007 at 20:40

>neo_japan様
そういう人がいる事は事実でしょう。
でも、貧富の歳が大きなこの国で、そういう事がやれる人は、ほんのわずかでしょう。
日本のアニメはもう何十年も放映されていますが、それをいちいち日本製として意識しているとは思えません。
マンガの本も、映像に出演している社長さんが言っているのですから、売れているでしょう。
コミケらしきものも開催されているようです。
そういった人たちの間では、盛り上がっているのでしょうね。
ただ、日本人移民とそれを結びつけるのは短絡。
日本のマンガ文化自体が、もともと欧州経由。
考えてみれば、移民世代がブラジルに来た頃は、日本でもそれほど漫画を読むような時代ではなかったわけです。
マンガの評価が、欧州経由といっても、そのほかにブラジルの場合は、出稼ぎに行った人たちの子弟が今の日本の文化を直接吸収しているので、そこからコミケやコスプレという今の日本での現象についての情報を得ていると部分もあると思います。
日本でも、コスプレがとても大衆的であるとは言えるわけでもないしょうし、やはり一部の人だけのものだと思います。
ブラジルには、カルナヴァルに代表されるように、仮装をする文化はあります。
その下地があるので、映像に出て来た若者の親も、多少理解を示しているのだと思います。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 18 de agosto de 2007 at 23:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1871085

Listed below are links to weblogs that reference 漫画からの日本語:

« ビーチサンダルHavaiana | Main | 強烈なコントラスト »