« サンパウロ動物園 その6 蛇の抜け殻 | Main | アイルトン・セナ追悼展 3 »

terça-feira, 16 de novembro de 2004

あと1ヶ月で、クリスマス

ブラジルは、カトリック国なので当然クリスマスは
とても大事な行事だ。
一番大事かもしれない。

ブラジルでは、クリスマスとは言わないナタルだ。

もちろん宗教的に大事。
12月24日は、半日勤務で、午後休みというのが多い。
12月25日は、休みだ。
昔から、バチカンからのクリスマスミサの衛星中継をやっている。
静かに過ごす。

しかし、商業主義も当然強い。
12月には、法律で決まっているのだが、
月給をもう一月分払う。
ボーナスのようなものだ。
だから、消費が増える。

子供へのプレゼントもさることながら、
大きな買い物をしたりする。

商店も、消費者の消費を喚起する宣伝に努めている。
ただし、この時期、ものの価格がやや上がるとも言われている。

また、12月以降は、本格的な夏になり
つまり、バカンスシーズンとなる。
クリスマスを挟んだ休暇を取ることも多い。

最近、クリスマスの飾り付けが非常に華やかになってきた。
店舗でも、また家庭でもだ。
以前は、家庭用にはあまり良い飾り付けは見あたらなかったが、
輸入品も増えて、ほぼ日本で見られるようなものと同じようになった。
電飾をつけている家庭も多い。

ショッピング・センターも、大きなツリーをたてている。
ブラジルの有名な作曲家の名前を付けた、
ここショッピング・ヴィラ・ロボスも、
大きなツリーを、11月はじめに、フードコートにたてた。
ヴィラ・ロボスを背景に、きらめく。

sp20041109c.jpg

真夏のクリスマスは何となく、興が乗らない。
サンタクロースは「パパイ・ノエル」というのだが、
この格好も暑苦しい。

|

« サンパウロ動物園 その6 蛇の抜け殻 | Main | アイルトン・セナ追悼展 3 »

Comments

ブラジルのサンタさんは、きっと、
ブラジルの国旗の海パンをはいて、スコールに乗って
現れるという気がしています。

Posted by: りこ | quarta-feira, 17 de novembro de 2004 at 18:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/1984749

Listed below are links to weblogs that reference あと1ヶ月で、クリスマス:

« サンパウロ動物園 その6 蛇の抜け殻 | Main | アイルトン・セナ追悼展 3 »