« 第26回サンパウロ・ビエンナル その4 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その5 »

domingo, 28 de novembro de 2004

ブラジルは、カトリックの国だが、誠にブラジル的

サンパウロは、昨日の土曜日は暑かった。
34度くらいまでいって、やっと夏かと思った。
しかし、夕方には曇り始め、
そして夕立になり、雷がとどろいた。
その雨は、結局寒波の到来の印。
朝方には、気温も下がり、またどんよりと曇り。
そして、また夕方になり、土砂降りになった。

近所には、教会がある。
ブロックごとにあるといっても良い。
どれも、新しくそしてそれだけに活発な且つ地道な
活動を続けている。

もっとも近くにある教会は、どんどんと信者を増しているようで、
増築増築してきたが、もう入りきれない。
時々、道をふさいで、夜にパーティーをやっている。

今日は、朝から大パレード。
朝8時に大勢で出かけたのが、19時には戻ってきた。
ところが、大騒ぎ。
雨の中、
鳴り物は響き、車のクラクションは途切れない。
サンバのような音楽も聞こえる。
子供たちは大はしゃぎで続く。

おい、これはまるでカーニバルの予行演習かい。

|

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その4 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2099052

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルは、カトリックの国だが、誠にブラジル的:

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その4 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その5 »