« 第26回サンパウロ・ビエンナル その5 | Main | 電機屋巡り »

segunda-feira, 29 de novembro de 2004

摘発される麻薬の量が多すぎのブラジル

ブラジルの犯罪の話は、本当に気が滅入るのであまり話題にしたくない。

でも、今週の麻薬の摘発での、量があまりにあまりだったので一応
記録しておく。

数日前に、
サンパウロ近郊のエンブ・グァス市で、コカインの精製工場が摘発された。
エンブ・グァス市は、サンパウロの南西30-40キロに位置し、
まだサンパウロ市街地とは繋がっていない。
山がちで、農場や別荘地が多い。
その別荘で、精製をしていたのだ。

リオの麻薬組織「赤いコマンド」のものと報道された。
2週間に1トンの精製をするそうだ。
そして、500キロのコカインが見つかったそうだ。
そこにいた男女が逮捕された。

そして今日の報道では、やはりサンパウロで
3トンのマリファナ(こちらではマコーニャという)が摘発された。

コカイン500キロって、すごい。
マリファナ3トンなんて、考えられない。

日本での摘発なんて、数グラムなんかあるけど、桁違い。

末端価格はいくら。

まあ、あきれてしまう。

|

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その5 | Main | 電機屋巡り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 摘発される麻薬の量が多すぎのブラジル:

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その5 | Main | 電機屋巡り »