« 第26回サンパウロ・ビエンナル その25 | Main | ブラジルにおけるサッカーの最近の報道 »

terça-feira, 21 de dezembro de 2004

海岸ープライア・グランヂ その1

サンパウロは、標高700メートルから800メートルの高原に位置している。
海に行こうとすると、大西洋岸に行くのだが、
いったん標高を上げて、そして一気に山を下るしかない。
一番近い海岸までだいたい80キロくらいの距離だが、
道が空いていると、サンパウロの中心部から1時間程度で到達できる。
混んでいると3時間でも着かないかもしれない。

その時間的に一番近い海岸がプライア・グランジヂ(大きい浜という意味)市。
どちらかというと、中流以下の人が多いリゾート地だ。
だか、近年海岸沿いの環境整備がなされて、随分と綺麗になった。

sp20041219n

古くからの海岸リゾートは、サントスやサンビセンチだが、
市街地化して、駐車場がなかったり、アパートが必要であったり、
サンパウロからちょっと思いついて行くには向かない。

ブラジルの人は、海岸での時間を長く取りたいようで、
午前中に砂浜で時間を過ごし、昼には海岸沿いのレストランで
ゆっくりと食事をし、そしてアパートやホテルに戻ってしばらく昼寝をし、
そしてまた夕方になり日差しが弱くなった頃に、海岸にでるという
パターンが多いようだ。
だから、何日か滞在することになる。

海岸沿いにアパートも持っている人も多い。
このプライア・グランヂでは、
日本円で200万円くらいでも
100平米くらいのアパートが買える。

中流以上が行く海岸になるとそうはいかない。
中流以上のブラジル人は、サントスなどは海が汚いといって、
その先のガルジャーというところが、サンパウロ市民にとっての
高級アパートが建ち並ぶ高級リゾートとなったが、
ここも浜が狭いこともあり、次々にその先が開発されていった。

ひなびた浜が、開発されすぎて見るも無惨な姿になるのは
残念なものである。

|

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その25 | Main | ブラジルにおけるサッカーの最近の報道 »

Comments

私のブラジル友人達もビーチハウスを持ってました。
中流階級クラスになるとセカンドハウスを持つのは
当たり前なんですよね~。日本人には信じられない
ような話ですけど・・・。

質問です。
なぜサンパウロに住む事になったのですか?

Posted by: Mina | terça-feira, 21 de dezembro de 2004 at 11:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2331277

Listed below are links to weblogs that reference 海岸ープライア・グランヂ その1:

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その25 | Main | ブラジルにおけるサッカーの最近の報道 »