« サンパウロ州の内陸部へ その6 収穫したオレンジの輸送 | Main | カルマン・ギアを知っているか »

terça-feira, 7 de dezembro de 2004

ほぼ毎日、晴れのち曇り時々雨

2004120607.jpg

サンパウロの気候は、単純でもあり、複雑だ。

だいたい一年中、
晴れていれば、日中暑くなり。
曇っていると、意外と肌寒い。
夜から朝方は冷え込むので、窓の開け放しは風邪を引くので危険。
(泥棒も来るので、更に危険)

夏になると、
午前中は晴れていて、
午後になると、雲が出てきて、
夕方になると、雷雨。

だから、新聞の天気予報は毎日同じような内容で、
あてにならないような、なるような。

テレビの天気予報はもっといい加減だ、
日本の23倍もの面積があるブラジルなのに、
それを5ブロックくらいにわけて、予報をしている。
もっと、細かくやってくれないのだろうか。
毎日天気は同じようなものだから、それでも良いのかもしれない。

夕方に降る雷雨が2日続いた。
だいたい、雷雨は東京の雷雨よりはちょっと強烈。
雷がドッカンドッカン落ちる。

サンパウロの道路の側溝は、日本よりかなり深い。
そこを水が低地に向かって滝のように流れていく。

そして、必ず市内のどこかが冠水する。
都市化が進んで、地面の保水力がないこともある。
更に、川という川をどんどん暗渠化して、水の逃げ場がないのだ。

道路にたまった水が、更に渋滞をひどくする。
道路に水がたまっているのに、突っ込んでくるものもいる。

|

« サンパウロ州の内陸部へ その6 収穫したオレンジの輸送 | Main | カルマン・ギアを知っているか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2182201

Listed below are links to weblogs that reference ほぼ毎日、晴れのち曇り時々雨:

« サンパウロ州の内陸部へ その6 収穫したオレンジの輸送 | Main | カルマン・ギアを知っているか »