« 第26回サンパウロ・ビエンナル その27 | Main | 寒さに震えるサンパウロ その2 »

quinta-feira, 23 de dezembro de 2004

相変わらず高い乳児死亡率

前から、疑問に思っていたのだが、
ブラジルにおける乳児死亡率は、
国のレベルから見ると以上に高いのだ。
もちろん子供は非常に大切にする国である。

医療水準ももはや、低いとは言えないこの国で
乳児死亡率だけは、今に至るまで高い水準のままである。

これも、2003年の届けに基づく統計が出ていたのだが、
ブラジル全体での乳児死亡率は、15.6という。
日本と比べると桁違いだ。

これは、意外にも、地域による差が小さい。
一番高い北部の州で18.4で、他は14-15台だ。

ところが、またもやこの数字にも注意が必要という。
そもそも1歳以下の子供の死亡の届け出が少ないという。
ブラジル全体で、48%にも達するという。
北東部では、70%にも達するという。

よって、これも加味して上記の数字を修正したものがある。

そうすると、ブラジルの乳児死亡率は27.2にも達する。
そして、地域差が出てくる。
北部の州で、26.8
東北部で、36.9
その他の地域では17-19である。

言葉もない。

|

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その27 | Main | 寒さに震えるサンパウロ その2 »

Comments

宗教的な背景と、愛の結晶が愛しいという強い感情があって、育てられるかどうかの判断以前に生むことを決意する、とても若いシングルマザーが多く、結果として乳児死亡率を引き上げている、というのをアルゼンチンのことを紹介するブログで読んだことがあります。どうなんでしょうね。

Posted by: HOOP | quinta-feira, 23 de dezembro de 2004 at 02:14

あ、宗教的な背景は、行為の際に避妊しない、ということにもつながっています。

Posted by: HOOP | quinta-feira, 23 de dezembro de 2004 at 02:16

こんちには。今日のブログとは関係ないのですが、以前ブラジルのオレンジ果汁について教えていただきましたのでまた質問させていただきたいと思いコメントを書かせていただきました。ブラジルのオレンジ果汁産業では小農がオレンジ生産に参加できていますでしょうか?やっぱり大農の方が有利でしょうか。野菜や果物の種類によっては収穫や栽培に多くの労働を必要する(労働集約的)ので、小農が有利であるという研究もあるので、オレンジの場合はどうかなぁと思って質問させていただきました。あと、オレンジは栽培開始から収穫までどのくらいかかるかご存知でしょうか。修論でやっているところなのでマニアックな質問ですみません。お仕事でオレンジ果汁に携われているのでもしかしてご存知ではと思い質問させていただきました。突然ですみませんでした。

Posted by: marishow1217 | quinta-feira, 23 de dezembro de 2004 at 02:33

>marithow1217様
どの規模をもって小農大農というのかは難しいところがあります。 ただ、一般的に言えるのは
世界規模の商品作物は、大農ではないと生産しきれないということです。消費地の要求、原料メーカーの要求を満たす品質を提供するのは、並大抵のことではないと思います。
ブラジルのオレンジ果汁については、10年以上前に日本の需要家の調査ブームがあり、色々な団体や企業が、ブラジルを訪れたはずです。
そういった資料は古いかもしれませんが、基本は変わっていないはずです。
果汁協会というのが、東京日本橋にあります。
資料があるかもしれません。
あるオレンジ農場は、大阪府の8分の1の面積ということです。 最大の搾汁メーカーの直営です。

Posted by: Sao Paulo | quinta-feira, 23 de dezembro de 2004 at 03:18

私はバイーアに住んでいましたが、私のいたところでは乳児は結構死んでたみたいです。
なぜか?色々あるけど、病院が遠い→病院に行くのに車がない→連れて行ってくれる人を探すが車がない→やっと車が町に帰ってきたので連れて行く→間に合わず死亡。
これはみてて辛かったです。

Posted by: Batatinha | sexta-feira, 24 de dezembro de 2004 at 00:13

>Batatinha様
ブラジルは広く、貧しい北東部の諸州での
死亡率が高いのも、おっしゃるような事情で
高いのも理解できます。
でも、もっとも豊かなサンパウロ州の死亡率も、
非常に高いレベルなんです。
病気も多いし、水も悪いと言うこともあるのでしょうが、基礎的な母親への衛生教育にも
問題がありそうです。
中流の家庭では子供は二人が当たり前ですが、
ファヴェーラではもうとんでもなく子供を産みます。
一番環境の悪いところで生まれるから、
死亡率も高いのでしょう。

Posted by: Sao Paulo | sexta-feira, 24 de dezembro de 2004 at 12:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2348404

Listed below are links to weblogs that reference 相変わらず高い乳児死亡率:

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その27 | Main | 寒さに震えるサンパウロ その2 »