« 寒さに震えるサンパウロ その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その28 »

sexta-feira, 24 de dezembro de 2004

サンパウロのアパート街


サンパウロでは、土地の用途制限が厳しい。
アパートを建てられないところや、商店ができない所など
厳格に守られている。

一方、アパートがたてられるところには、
どんどんと新しく建設が続いている。
アパートは、家に比べてもちろん安いこともあるが、
何よりも治安が守られる。

高い塀に囲まれ、24時間勤務の門番。
プール、ジム、庭などの共有設備。

アパートを好む人が多いのも事実である。

サンパウロの中心を貫くパウリスタ大通り。
その両側にはビジネスビルが屹立している。
しかし、そこから1-2ブロック降りると、
高級アパート街がある。
超高級屋敷地区ジャルジンスまで、
10数階建てから20階以上ものまで、
数知れないアパートが建っている。

やや歴史が古いこともあって、
築40年くらいのものからあるが、
リフォームがされているので、問題はない。
新しいものはあまりないが、いまでもわずかに残った
戸建て住宅が、アパートに建て替えられている。

ただ、あまりに混みすぎて、景色はあまりよくない。

ただ、買い物や食事には便利なところである。
治安も比較的悪くないので、昼間は歩いていくことも
可能である。

老人の比率も高い。
お金持ちそうな老婦人が多く見られる。

より若い世代のブラジル人は、ここよりも
イタイムやモエマというやや新しい地区の方を
好む。

更にもっともっと郊外の新興のアパート街を好む向きもある。
一つの区画にアパートが数本建つような規模の大きなものが
建設されており、共有設備もより充実しており、
ちょっとした森もあるような規模で、
そのアパートから出るのは、仕事、学校、買い物、病院くらいで
良いというようなものもある。
それほど、区画内には安全が保たれていることだ。

サンパウロ在勤の日本人の駐在員とその家族も、だいたいこのあたりに
住んでいるようだ。

日本ではないが、ある国の総領事の住む
23階建てアパートの最上階の部屋に行く機会があった。
2フロアで、屋上も使える。 プールもある。
広さは600平米くらいある。
女中部屋が、3つある。
駐車場のスペースは、6台。


屋上から、東向きから南向けへのパノラマ写真。
左にパウリスタ大通りのシティバンクビル。
右の方が、ジャルジンスの方角だ。

sp20041223b

※クリックすると拡大する。

|

« 寒さに震えるサンパウロ その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その28 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2360629

Listed below are links to weblogs that reference サンパウロのアパート街:

« 寒さに震えるサンパウロ その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その28 »