« 第26回サンパウロ・ビエンナル その16 | Main | 釣り人と鳥 »

sábado, 11 de dezembro de 2004

ブラジルの鉄道遺産 その2

sp20041204w

蒸気機関車も、錆びて朽ち果てつつある。

こんな小さな蒸気機関車で、サントスから、
このパラナピアシカーバまでの800メートルの
急勾配を登ったのであろうか。

だからこそ、蒸気機関車を3台連結した三重連のままで、
朽ち果てつつあるのかもしれない。

|

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その16 | Main | 釣り人と鳥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの鉄道遺産 その2:

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その16 | Main | 釣り人と鳥 »