« 墓地とデンギ熱 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その31 »

segunda-feira, 27 de dezembro de 2004

ブラジルと地震

ブラジルは、自然災害が極めて少ない。
その代わり、違う被害は沢山あるが。

インド洋で大変な地震が起きて、
津波で多くの被災者が出ていることは、
昨夕から、ブラジルでも報道されている。

ブラジルには、地震はほとんど無い。
極めて安定しているプレートの中心にいるからだ。
しかし、北東部でたまに局地的な地震がある。
マグニチュード2以下くらい。
日本人から見ると、なんでもないレベルだが、
貧しいこの地方の家では、倒壊もする。

太平洋岸のチリでは、頻繁に地震が起きるが、
ブラジルで地震波は観測されても、被害はない。

だから、基本的に
ブラジル人に、
地震の説明をしても全く理解されない。
(雪の説明も、理解されないが。)

昨日のニュースで、
サンパウロ大学の教授が
地震のメカニズムなどを説明していたが、
この人本当に判ってるのと疑わしいなと思って聴いていた。
本で調べたんじゃないかと。

今朝の新聞でも、国際面で大きく報道されていた。
欧米のクリスマス休暇の観光客が、かなり訪れていることを
伝えていた。
日本人何十人かが行方不明とも伝えていた。

インドの報道は、マドラスから報道。
元のポルトガル領だった歴史からだろうか。

ちなみに、津波はポルトガル語で"TSUNAMI"という。

地震の怖さについても、
多くの日系人が、日本で何度も体験しているので、
ブラジル人にも理解されていくだろう。

その後の報道で、
今回の地震と津波により、
タイでブラジル人2名の死亡・行方不明が伝えられている。
また、ブラジル外務省も情報を24時間電話で受け付けている。

|

« 墓地とデンギ熱 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その31 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2394532

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルと地震:

« 墓地とデンギ熱 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その31 »