« クリスマスだが、この銀行はやりすぎ その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その18 »

domingo, 12 de dezembro de 2004

ブラジル人のパーティー

今日(12月11日)のサンパウロは、ほぼ一日中雨だった。
それも、晴れ間がでたり、曇ったり、そして雨が降ったりだ。
典型的な、サンパウロの気候。
そして、更に風が強く、気温が低かった。
最高でも22度くらい。
夕方にはもう17度くらいになっていた。

起きたときには、霧雨だった。
午前中は、雨が止んだ一瞬の隙を見て、近所のフェイラへ。
色々な果物が美味しくなってきた。
オレンジ、ライチ、ブドウ、メロン、モモ。
そしてよくわからないのが、今頃出てくる栗。
日本では、秋のものなのに。

昼間は何となく時間が過ぎた。
ケーブルテレビが切られて、全てのチャネルが見られなくなった。
なんで。

また、雨が止んだような感じだったので、コチアへ。
預けている犬を見に行った。
1時間ほど遊んだり、オーナーのお話を聞いたりした。

サンパウロに戻っていると、食事はどうしようかという話。
途中のグランジャ・ヴィアナに良いレストランがあるのではないかといいつつ、
よくわからないと言うことで、サンパウロ中心部へ。

レボウサス大通りが何故が渋滞していたので、
得意のジャルジンスを抜ける道へ。
そんなこんなで、ヘボウサスのシュラスカリアへ。
高かったなあ。
フォゴ・ヂ・ションよりも高かった。
何故か、東洋系のお客が多かった。

まあ、サラダ・バーは充実。
寿司も刺身もいっぱいあったし。

21時頃になってきたら、どんどんブラジル人がやってきた。
こちらは、そのころに引き上げた。

それで、パウリスタ大通りを通って、
都会を味わった。
パンプローナを下って、さて今度はイビラプエラ公園の
前にできた高さ50メートル程?の大クリスマスツリーを見ようと、
ブラジル大通りにさしかかった。
なんと、イビラプエラ公園方向は大渋滞。
あきらめた。

そして、テレビもなく、満腹でしにそうな時間をしばらく過ごした。

そして、もうすぐ3時。
近所のブラジル人が大パーティーをやっている。
よく考えたら、めちゃくちゃうるさい。
鳴り物もある。
歌もある。
スピーカーを、外にも設置して、大音量にしている。

かたじけなくも、近所の人にきかせてくれている。

学校も休みに入った最初の週末。
家族、親戚、友達、その他諸々が集まっているのだろう。
これから、2月のカルナバル頃までは、こういう状態が続くのだろう。

しかし。。。。

|

« クリスマスだが、この銀行はやりすぎ その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その18 »

Comments

へボーサスのシュラスカリアも、日本人が良く利用します。フォーゴジション、バルバッコア、そしてこのへボーサスの、名前が出ないんですが、ここ3つは日本人の利用が多いです。有名だからでしょうかねぇ。

Posted by: りこ | segunda-feira, 13 de dezembro de 2004 at 11:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2241485

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル人のパーティー:

« クリスマスだが、この銀行はやりすぎ その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その18 »