« 白馬の馬車に乗って、結婚式披露 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その19 »

segunda-feira, 13 de dezembro de 2004

アガリクスの優良産地・ピエダーヂ その1

この数年のブラジルの新しい特産物といえば、
プロポリスやアガリクス。

なんだか健康食品に関係するものばかりだ。

そのアガリクスの優良産地といわれているのが、
ピエダーヂ(Piedade)市。

サンパウロ市から西に100キロ程度、約1時間半で着く。
サンパウロから、ハッポーゾ・タバレス街道で、コチア市を通過し、
しばらく行くと、ピエダーヂへの分岐点だ。

この街は、人口約5万人。
標高800メートルほどのやや起伏の激しい高原の街だ。
途中は、サンパウロ市民の別荘やリゾートも多い。
農業は、地形的に大規模なものは難しいので、
野菜や花などが栽培されているが見えた。

この街が、どうしてアガリクスの優良産地となるのかは
よくわからない。

海岸までは約120キロくらい。
高原を海に向かって30キロほど行ったあたりから、
道は、比較的緩やかに下がり始める。
途中に高い山もない、ほぼ同じ高さの高原が続いて、
それがその海岸からの山脈の山頂の標高と同じようだ。

どうも、海岸からの湿った空気が、海岸山脈を登り
冷やされて、そのときに発生する霧が
朝夕このピエダーヂまで、途中で妨げられることなく
やって来るのではないだろうか。

sp20041212m

|

« 白馬の馬車に乗って、結婚式披露 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その19 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2252514

Listed below are links to weblogs that reference アガリクスの優良産地・ピエダーヂ その1:

« 白馬の馬車に乗って、結婚式披露 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その19 »