« カルロポリスの周辺 その1 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その33 »

quarta-feira, 29 de dezembro de 2004

ブラジルと「ノモンハン」

「ノモンハン」といっても、なんだかわからない人がほとんどだと思う。

ノモンハンは、現在のロシアとモンゴルと中国国境付近の地名である。
ここで、日本軍とソ連軍がぶつかったところである。
日本が、大東亜戦争を宣する前に、
満州国とソ連の国境紛争から、
日本軍の精鋭であった関東軍が、ソ連軍機工師団に
敗れたと言われているが、当時の軍部は
これを隠した。
日本では、「ノモンハン事件」と呼ばれているが、事件どころではない
立派な会戦だったとされている。

このノモンハンでなくなられた方の墓碑が、
ブラジルはサンパウロ州アチバイア市にあった。
ブラジルから出征されたのであろうか。

日本軍兵士として、
ノモンハンで戦死し、ブラジルに眠る。
語る言葉もなく、ただ合掌。


sp20041225d

|

« カルロポリスの周辺 その1 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その33 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2406207

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルと「ノモンハン」:

« カルロポリスの周辺 その1 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その33 »