« サンパウロのセントロ 7 アニャンガバウ | Main | ロマリオ。引退を否定。 »

quinta-feira, 30 de dezembro de 2004

サンパウロのスーパー その1

sp20041202b

サンパウロにある主なスーパーのチェーンは、あまり多くない。

ハイパーマーケットは、大規模に展開しているのは2つだけ。
カルフール(Carrefour)
エストラ(Extra)

スーパーは、ポン・ヂ・アスーカ(pao de acucar)グループだけ。

以前は、もっともっと色々なところがあったのだが、
この10年くらいで淘汰されて、これらのチェーンに吸収されて
しまったところが多い。

だから、どこに行っても同じような感じで、
違うスーパーに行く楽しみがない。

中小に行くと、品揃えが悪い、店や商品が汚い、
2流品しかないなどの問題があり、行かない。

同じチェーンでも、立地場所の所得階層を見て、
微妙に品揃えを変えているのがわかる。

Extraの場合、モルンビ店は電化製品も一流ブランドの
最新の高級モデルが並んでいるが、
その他の店に行くと、廉価ブランとのものが多く並んでいる。
売れないものを、並べても仕方が無いというわけだ。

そういう状況だから、どうしても自分のレベルにあったスーパーに行くことになる。

ハイパーマーケットの場合は、何故かカルフールに行ってしまうことが多い。
日本では、あえなく撤退のようだが、幕張店に行ったことがあるが、
時間の問題だと思った。
ブラジルでは20年ちょっと前に進出して、大成功を収めている。
行動範囲のサンパウロ西部の4店舗くらいに行く。
パンプローナ店、エルドラード店、ブタンタン店、そしてタボン・ヂ・セッハ店。

エストラは、たまたま行動範囲からはずれた店ばかりなので、あまり行かない。

他に米国系の世界一のウォルマートも進出してきているのだが、
まだ行ったことがない。
サンパウロ市内でも何店舗か見かけるが、なんだか活気がなさそうで、
行っていない。

ポン・ヂ・アスーカ・グループは、ブラジル最大の
スーパーチェーンである。
ここは、老舗である。
ハイパーと言うより中型店舗を展開している。

そして、合併で手に入れた店舗チェーンも含めて、
店舗を階層別にわけている。

もっとも高級な部類のスーパーに冠された名前が、
ポン・ヂ・アスーカという。
所得の高い階層が住んでいる地区に立地している。
ポン・ヂ・アスーカがあると、その地区は富裕層が多いのだとわかる。

そうではない地区にあるスーパーは、
バラテイロBarateiroとかボン・プレッソBon precoという名前で展開している。

ちなみに、ハイパーでは電化製品は値引きが可能だ。

|

« サンパウロのセントロ 7 アニャンガバウ | Main | ロマリオ。引退を否定。 »

Comments

サンパウロの方には、「マルコス」とかないんですね。Carrefourのことは、こっちでは、「カヘフー」と読んでます。こっちに来た頃「ケアフォァ」と変な英語読みをしてて、なかなか伝わりませんでした。(笑)

うちのサロンは、クリスマス前から今日までかき入れ時です。洋服もいつもより売れてます。よかった。

よい新年をお迎え下さい。

Posted by: brazil-fashion | sexta-feira, 31 de dezembro de 2004 at 14:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2416125

Listed below are links to weblogs that reference サンパウロのスーパー その1:

« サンパウロのセントロ 7 アニャンガバウ | Main | ロマリオ。引退を否定。 »