« 第26回サンパウロ・ビエンナル その38 | Main | カルロポリスの周辺 その6 »

domingo, 2 de janeiro de 2005

海岸-プライア・グランヂ その9 イエマンジャーの儀式 (5)

sp20041219x

船を持っている人は、もう随分と沖の方へ歩いてしまった。
そして、頭が完全に並につかるところまで行くと、船を流す。

海に入った人たちは、
船の行方を見つめる。

彼方には、彼らの故郷アフリカがある。

楽器は、波打ち際でリズムを打ち続ける。

彼らは、こういったことを1日に何度も繰り返していた。

ブラジルには、こういったアフリカの文化も色濃く入ってきて
発展しているのである。

|

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その38 | Main | カルロポリスの周辺 その6 »

Comments

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

イエマンジャー、河施餓鬼法要みたいですね。

Posted by: HOOP | segunda-feira, 3 de janeiro de 2005 at 00:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2454298

Listed below are links to weblogs that reference 海岸-プライア・グランヂ その9 イエマンジャーの儀式 (5):

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その38 | Main | カルロポリスの周辺 その6 »