« ブラジルの夏休みの子供たち その4 | Main | ブラジルとイラク »

quinta-feira, 27 de janeiro de 2005

サンパウロのセントロ 12 アヴェレス・ペンテアード街

sp20050104p

サンパウロのセントロは、18世紀には今の形が完全にできあがっている。
道のそのころから変わっていない。
今となっては細くみえる。
重厚な建物に押しつぶされそうだ。
ほとんど、車両は進入禁止である。
警察車両、清掃作業車、現金輸送車などの指定車両だけが
進入することができる。

このあたりは、サンパウロ証券取引所を中心として、
銀行や投資会社などの本社や支店が占めている。
ネクタイをした人が多いのも、このあたりの特徴だ。

サンパウロ弁護士教会もここにある。


|

« ブラジルの夏休みの子供たち その4 | Main | ブラジルとイラク »

Comments

ここ素敵ですよねぇ。一人で歩きませんが、パートナーと何度かいったことがあります。重厚な建物に歴史を感じます。
いつもお願いするタクシーの運転手さんは、ここの銀行に勤務してたって教えてくれました。

Posted by: りこ | quinta-feira, 27 de janeiro de 2005 at 10:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2710591

Listed below are links to weblogs that reference サンパウロのセントロ 12 アヴェレス・ペンテアード街:

« ブラジルの夏休みの子供たち その4 | Main | ブラジルとイラク »