« ブラジルの「トヨタ」 その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その64 »

sexta-feira, 28 de janeiro de 2005

ブラジルの通学カバン

sp20050120g

ブラジルの学校は、今、休みだ。
夏休みという言い方もあるが、学年の切り替えの休みでもある。
12月の中旬に始まり、約2ヶ月間だ。
(一部の学校はもう始まっているという話もあるが。)

この休み中に、学校は父兄に次の学年に用意する副読本や学用品のリストを渡す。
これを、父兄は休み中に書店や文房具店で購入することになる。

早く買っておかないと売り切れになることもあるという。

一個一個は高い物ではないが、全部まとめるとかなりの金額になるという。
もちろん、義務教育期間中は学校の経費は無料だが、こういった物は自分で購入しなくてはならない。

このリストの他に、買わなくてはならない物が通学カバンだ。
ブラジルの学校には個人用ロッカーはないので、毎日持ち帰らなくてはならないので
通学カバンが必要だ。

そこで、サンパウロのかばん屋さんの店頭では、
この時期は写真のようなカバンがとても沢山並んでいる。
だいたいがキャラクター物である。
手提げもあるが、リックのような物やカートが多い。
とても真面目に学習をするようなデザインではない。
日本の学校では、持ち込み禁止されそうなものだ。
日本のランドセルは6年間使うことを考えているが、
ブラジルではこれを、だいたい毎年買うらしい。

どうも毎年壊れるらしいのだ。
教科書が重いこともあるのだが、通学バスで通うことが多いのに
不思議だ。
だが価格を聞くと、それなら壊れるかもしれないと思う。
安いものは15レアル(600円)くらいだ。
カバン自体は、とても軽く華奢にできているのだ。

|

« ブラジルの「トヨタ」 その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その64 »

Comments

私が通っていたサンパウロの学校は一日6科目で教科書とノートと辞書でパンパンでした。普通の人は持ち歩けませんよ(--;あまりにも重くてカバンに固定するタイヤ付カートを使っていたことを思い出しました・・・このカートは日本では年配のお婆ちゃんしか使っていないんですね。
>、通学バスで通うことが多いのに不思議だ。
私も不思議だと思います。謎~。

Posted by: hacchim | sexta-feira, 28 de janeiro de 2005 at 13:54

はじめまして、おもしろく読ませていただきましたブログ、僕は、今年の5月にブラジル、マナウスに行こうと考えています。しかし、わからない事だらけで、不安もあります。もし、良ければメールアドレスの方に返信してください。いろいろ聞いて見たいことがあります。
お願いいたします。

Posted by: itioru | sexta-feira, 28 de janeiro de 2005 at 14:54

このカバンってかわいいんですかねぇ。私には趣味が悪いようにしか思えません。しかも足元で引きずられると邪魔で、歩行の妨げになります。でも親酢院dねすね。

Posted by: りこ | segunda-feira, 31 de janeiro de 2005 at 17:53

>りこ様
趣味がいいと言うかどうかは別にして、
無地とかの地味な物が全くないところどうかと思います。こういうのではないものが欲しいという人はいないのでしょうかね。
>itioru様
同じブラジルとは言え、マナウスはサンパウロから飛行機でも4時間以上かかります。
参考になるような情報は持ち合わせておりませんが。。。。

Posted by: Sao Paulo | domingo, 6 de fevereiro de 2005 at 00:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2723094

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの通学カバン:

« ブラジルの「トヨタ」 その2 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その64 »