« ブラジルの夏休みの子供たち その4 遊具 | Main | 芸を売る少年 »

sábado, 29 de janeiro de 2005

カイシャ・エノノミカ・フェデラル

sp20050119a

カイシャ・エコノミカ・フェデラルは、
国営の金融機関である。
日本で言うと、国民金融公庫と住宅金融公庫のような存在だろうか。
だから、支店も多い。

ある所得以下の人が住宅を買うときに、長期で低利の資金を融資したりしている。
社会保険の受け取りなども、ここが使われることが多い。
だから、いつも貧しい方の人で、ごった返している印象がある。

カイシャ・エコノミカ・フェデラルの東洋人街に支店を出した。
昨年の秋のことだ。
だから、カタカナで「カイシャ・エコノミカ・フェデラル」と書いた看板が上がっている。

しかし、開店当時に発行された日本語新聞によると、
日系人行員はいるが、日本語をまともに話して、接客のできるのがいないという。
この場所に支店を出したのにサービスがなっていないと、憤っておられた。

もう、サンパウロで日本語だけで通すというのも、だいぶん難しくなってきた。

|

« ブラジルの夏休みの子供たち その4 遊具 | Main | 芸を売る少年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2734316

Listed below are links to weblogs that reference カイシャ・エノノミカ・フェデラル:

« ブラジルの夏休みの子供たち その4 遊具 | Main | 芸を売る少年 »