« 現実の「シティー・オブ・ゴッド」 | Main | サンパウロのカルナバル »

sábado, 29 de janeiro de 2005

ブラジルと「ニューヨークタイムス」

ブラジルに駐在する「ニューヨークタイムス」の記者の
発信するブラジルに関する記事が、ブラジルで論争を読んでいる。

元々、この記者が話題になったのは、
現在のブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバの
「お酒の飲み方」の記事を発信したことからだ。
やはり、自国の大統領のことを、
他国の新聞で悪く言われるのは愉快なものではないはずだ。

最近では、
「ブラジル人は太っている」という記事である。
アメリカ人に言われることはないというところだろうが、
問題の方向がちょっと違ってきた。
記事と一緒に、太ったやや高齢のご婦人たちがリオのイパネマ海岸に
いる写真をつけたのだ。
「かつてのイパネマの娘は、今やもう見られない、こんなに
太った女性ばかりだ」と。
ところが、この女性がブラジル人ではなく、
チェコ人(イタリア国籍もあるようだ。)だったという。
太っていたのはチェコ人で、ブラジル人ではないではないかと、
記事は間違いだという。
その、ご婦人も登場してくる。
これが、テレビのニュースになるのだ。

さらに、ニューヨークタイムスには、
「ブラジルでは相撲がはやっている」という記事が出た。

これに対して、今日のブラジルの新聞はこういっている。
競技人口は2000人しかいない。
もっとも集中しているのはサンパウロで500人だ。
ブラジル相撲連盟のアカギマサトシ氏まで登場してくる。
「ブラジルではまだポピュラーではない。広めるように努力している」と。

「ニューヨークタイムス」の、ブラジルに関する記事は注目だ。

この記者は、もうブラジルに15年も駐在しているので
ブラジルのことはかなり詳しいはずだが。

|

« 現実の「シティー・オブ・ゴッド」 | Main | サンパウロのカルナバル »

Comments

例のニューヨークタイムスの記者ですね。。
まぁ大統領の酒飲みの件は、当たってなくもないけど、書き方不味いって感じでしたよね。
そして今回の海岸の記事やすもうの件。。
もう少しきちんとした取材した方がいいなぁと思いますね。。ニューヨークタイムスにクレームいれてやろうかな?!
他の記者が来たがらないのかな?ブラジルに。。

Posted by: Gabbyna | sábado, 29 de janeiro de 2005 at 12:05

私のブログを訪問していただいて
ありがとうございました。
さすがに現地に住んでいらっしゃるだけあって
私では到底思いつかなかった視点を
提供していただきました。

実は3月上旬にリオを訪れる予定です。
今から大変楽しみにしています。
もしかしたらサンパウロまで
足を伸ばせるかもしれないので
コチラのブログを参考にさせていただきます。

Posted by: bruja | domingo, 30 de janeiro de 2005 at 13:09

以前、ブラジルも英語通じませんよ!という貴重なアドバイス頂いた、世界一周しているものです。実は明日からサンパウロへ入ることになりました。明日はウロウロ宿探す予定ですが、どこかお勧めの宿や食べ物屋あったら教えてくださいっ。

Posted by: sekai | quarta-feira, 2 de fevereiro de 2005 at 01:50

初めまして。先月僕のブログに書き込みをしてくださってありがとうございます。

旅はペルーからブラジルまでどうにかして以降と思ってます。
ちょっとそこでブラジルについて聞きたいのですが、現地に行ってからビザを取ろうと思っていてパラグアイならイエローカードの提出が不要だと聞いたのですが聞いたことはありますか?
あと、マナウスに行くには一度サンパウロに行かないと飛行機では無理なのでしょうか。
そしてチケットってだいたいどのくらいするかご存知ですか?
長くなってすいません。いろいろ不安で。

Posted by: くるくる | quarta-feira, 2 de fevereiro de 2005 at 13:45

sao paulaさん、お元気にしてますか?
最近更新がないので密かに心配しています。
ご旅行中かな?
何事もなければいいのですが、田舎のゴイアニア在住者にとって、サンパウロは危険な町以外の何物でもないので。

Posted by: brazil-fashion | sexta-feira, 4 de fevereiro de 2005 at 12:24

>brasil-fashion様
大丈夫です。
ブログまとめて読ませていただきました。
>くるくる様
yellow cardですが、実際にチェックされたという話は実は知りません。
コロンビアから入ったことがありますが、何もありませんでした。
パラグアイからでチェックがないかあるかどうかは、誠に申し開けありませんが知りません。
マナウスには、近距離便で国際線も入っているはずです。
ブラジル内で移動が多いならば、日本でバリグの
国内線のブラジル・パス?とか言うのを、用意しておけば、期間限定とはいえ乗り放題ですが。

Posted by: Sao Paulo | domingo, 6 de fevereiro de 2005 at 01:38

>sakai様
サンパウロに無事お着きでしょうか。
よく聞くのはペンション荒木というのが東洋人街にあるということで、予算の少ない旅行者に使われているようですが、どんなところかは知りません。
最近は、サンパウロでもビジネスホテルみたいのがあって、一等地でも一泊3000円以下くらいであるようです。
食事は、外食は意外と高いです。
でも、掘り出し物はあります。
東洋人街のtenkoという中華は、量が多く、安いです。

Posted by: Sao Paulo | domingo, 6 de fevereiro de 2005 at 01:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/2734827

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルと「ニューヨークタイムス」:

« 現実の「シティー・オブ・ゴッド」 | Main | サンパウロのカルナバル »