« ブラジル・サンパウロの小鳥 11 飛翔 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その45 »

domingo, 9 de janeiro de 2005

サンパウロのセントロ 8 サンパウロ証券取引所

sp20050104o

昨年2004年は、サンパウロ市の発祥から450年という
記念の年であった。
多くの催しが、開催された。

その発祥の地が、セントロだ。
1890年代までは、サンパウロの人口は20万を超えず、
その市街地は、現在のセントロを少し越える程度であった。

現在、サンパウロのセントロは、衰退しているということは事実であろう。
こと商業に関しては、そういえるであろう。
民間企業の多くは、セントロを出てパウリスタ大通りから
ファリア・リマ通りそしてベルリーニ大通りなどの新興ビジネス街に
どんどん移動してしまった。
サンパウロの人口の増大とともに、ビジネス街とともに住宅街も急速に広がった。
富裕層のすんでいる地区に、その層をターゲットとする商業施設も移った。

今、セントロにある小売業は、必ずしも富裕層向けとは言えない。
むしろ中間層以下のものが多いと言えるだろう。

しかし、まだまだセントロはとても重要な機能を有している。
たとえば、金融機能はまだまだセントロが中心だ。
つまり、ブラジルの経済の中心といっても良い。

たとえば、南米最大の株式市場であるサンパウロ証券取引所は
セントロにある。

最近、Bricsの一つとして、再びその将来性に注目されている
ブラジルであるが、その発展を示す一つの指標がこの取引所の
Bovespaとよばれるインデックスである。

昨年は好調で10数%の上昇であった。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 11 飛翔 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その45 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サンパウロのセントロ 8 サンパウロ証券取引所:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 11 飛翔 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その45 »