« ペレの呼びかけに答えて、ロマリオが吠える。 | Main | 「山上へと続く道」の行き先 »

sábado, 15 de janeiro de 2005

サンパウロ州の内陸部へ その9 バウルのセントロ

sp20050109c

バウル市は、人口30万人を超えている。
サンパウロ州の内陸部の市としては、割と大きな方である。
商業の中心である。
街が若いこともあって、明るい印象を持った。

中心部セントロには、長さ1キロ弱の商店街があった。
土曜日の15時頃は炎天下にもかかわらず、
サンパウロの中心部と変わらないような人出で賑わっていた。

だが、18時には全ての店が閉まってしまい、
あっという間に誰もいなくなってしまった。
セントロには、レストランもなく、夜の賑わいはなかった。
レストランは、別の所に点在していた。
人々が食事にやってくるのは、21時頃からだ。

日曜日の朝10時、セントロは眠っていた。
ここでは、日曜日には店は開かないようだ。


|

« ペレの呼びかけに答えて、ロマリオが吠える。 | Main | 「山上へと続く道」の行き先 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サンパウロ州の内陸部へ その9 バウルのセントロ:

« ペレの呼びかけに答えて、ロマリオが吠える。 | Main | 「山上へと続く道」の行き先 »