« サンパウロ市北部 その2 上り坂と下り坂 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その58 »

sábado, 22 de janeiro de 2005

ブラジルの夏休みの子供たち その2

sp20050115c

サンパウロ市西部ブタンタン地区。
10歳くらいの一人の少女が、車道の縁石に座っている。
ひっきりなしに車が通過する。

ぐったりとしているようだが、暑さをしのぐために木陰に
座っているわけではない。

彼女は、信号が赤になるのを待っている。
と、いって道を渡るわけではない。

彼女は、赤信号で停車した車の運転席の横に立ち、
幾ばくかのお金をねだるのだ。
ほとんどの運転手は、目を合わせず、窓を開けず、無視をする。
だから、少女は次々に車を回っていく。
再び信号が青になると、車が走り出すから、それまでに
どれだけまわれるかが、とても大事である。

たまに、窓を開け、小銭を渡すドライバーが居る。
だいたい渡しているのは硬貨だから、多くても10-20円程度であろう。

車が走り出すと、少女は再び座り込む。
一日中、これを繰り返している。

いつも12月になって夏になり学校が休みになると、
路上でこのような子供たちがとても増える。
そのまま、家に戻ることもなく路上で過ごしている子供もいる。

夏休みといっても、親にも構ってもらえず、どこにも連れて行ってもらえない、
何もすることがない子供たちは、こうやって過ごすしかないのかもしれない。

|

« サンパウロ市北部 その2 上り坂と下り坂 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その58 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの夏休みの子供たち その2:

« サンパウロ市北部 その2 上り坂と下り坂 | Main | 第26回サンパウロ・ビエンナル その58 »