« 第26回サンパウロ・ビエンナル その58 | Main | サンパウロの近郊電車 その2 ジャラグア駅 »

domingo, 23 de janeiro de 2005

サンパウロ市北部 その3 シャングリラ(桃源郷)

サンパウロ市内の道路は、新大陸にしてはまっすぐではない。
地形に制約されて、くねくねと曲がっている。
地図上でまっすぐでも、実際はとんでもなくきついアップダウンがあるときもある。

大都市サンパウロを車で走るのは、結構難しい。
一方通行が多いからということもある。
さらに、市内中心部以外の郊外では、大きな道と小さな道のメリハリが無く、
どれが本通りかわからなくなる。

しかし、重要な分岐点には、その道の行き先を示す標識があるので、
それをちゃんとたどっていくと、目的地周辺にはたどり着く。
とにかく、標識を見落とさずに運転していくしかない。
そのためには、もちろん最低限目的地周辺の地名を覚えておくことは必要だ。
地名がわからなければ、話にならない。

sp20050114f

サンパウロ市の北部を車で走っていると、「Jd. Shangri-la」(ジャルジン・シャングリラ)と
いう標識があった。
「シャングリラ」といえば、伝説の桃源郷。

しかし、こういったすてきな名前が付いたところは、逆に悲惨なところが多い。
そうあって欲しいという気持ちを命名したのだろうが、現実は
ファベーラ(貧民窟)ということが多い。

ジャルジン・シャングリラは、もうほとんど山の頂上。
最北部のその奥だ。
遙かに、サンパウロ市内を見下ろすところにある。

|

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その58 | Main | サンパウロの近郊電車 その2 ジャラグア駅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サンパウロ市北部 その3 シャングリラ(桃源郷):

« 第26回サンパウロ・ビエンナル その58 | Main | サンパウロの近郊電車 その2 ジャラグア駅 »