« パルメイラスはどうしたのか。 | Main | 復活祭が近づく その3 »

sábado, 26 de fevereiro de 2005

サンパウロは、連日雨

サンパウロは、毎日やっと夏らしい天候である。

朝から晴れて、午後までどんどんと気温が上がっていく。
そして、雷雲が発生する。
午後から、雷雨が来るというような天気である。
そして、夜になると、冷え込んでいき、
明け方は20度を割って、窓を開け放しでは寒さまで感じる。

一般の家庭では、エアコンは必要ないはずだ。
エアコンのない夏は、やはり過ごしやすい。
ここが、蒸し暑く連日熱帯夜の東京とは絶対的に違うところだ。

昨日は、このような天気で、
サンパウロの各所で、強い風により
大木まで倒壊した。

あちこちで、大木の撤去作業が行われていた。
倒木によって、損傷した家の改修作業も進んでいた。

今日は、朝から曇っていた。
気温も上がらず、まだ午後には雨が降り出した。
強い雷雨ではなく、驟雨という感じであった。

夕方には雨は完全に上がった。
涼しい夜となった。

|

« パルメイラスはどうしたのか。 | Main | 復活祭が近づく その3 »

Comments

まさしくAguas De Marcoですね。
日本の梅雨のように湿気とかはないんでしょうか。
毎日雨だと憂鬱になってしまいますがブラジルだとそんなことないのかな?

Posted by: clariska | domingo, 27 de fevereiro de 2005 at 11:53

>clariska様
日本ほどは湿気はないと思いますが、
カラカラでもないです。
ちょうどいいところでしょうね。
でも、家の内外には、カビやコケがはびこります。
雨以外にも、治安など憂鬱になることが多いので、雨くらいではまだマシな方です。

Posted by: Sao Paulo | terça-feira, 1 de março de 2005 at 11:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3094106

Listed below are links to weblogs that reference サンパウロは、連日雨:

« パルメイラスはどうしたのか。 | Main | 復活祭が近づく その3 »