« サンパウロのカルナバルは、まだ熱かった | Main | サンパウロのカルナバルで使われたアレゴリア »

quarta-feira, 9 de fevereiro de 2005

お風呂

お風呂は、ofuroとして、サンパウロでは割と知られている。

ブラジルの普通の家では、風呂桶のない家が多い。
シャワーだけなのだ。
ブラジル人は、シャワーを1日に何度も浴びるのが普通であり、
綺麗好きと言っても良い。

お風呂は、もちろん日本人にとってはなくてもならない物で、
東洋人街であるリベルダーヂには、風呂桶屋が何軒かある。
木材で出来た物もあるが、グラスファーバー製が多い。
残念ながら、日本と違って余り見栄えがよくない。

しかし、日系人が家を新築するときには、この風呂を
設置するというのは、一つの夢のようだ。

ブラジル人でも、やはり風呂桶のついた家を作る人も増えている。
もちろん、中流以上の人である。
売っている風呂桶は浅く、一人用で、ジェットバスである。

ところが、ofuroという物も、一般の建材店で売っている。
普通の風呂桶より深い。
ジェットバスではない。
一人用ではない。

sp20050131b

お風呂も、先進的ブラジル人の中では、設置したい物のようだ。

|

« サンパウロのカルナバルは、まだ熱かった | Main | サンパウロのカルナバルで使われたアレゴリア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お風呂:

« サンパウロのカルナバルは、まだ熱かった | Main | サンパウロのカルナバルで使われたアレゴリア »