« サッカー・サンパウロ州選手権 | Main | ブラジルへの送金の20%は日本から。 »

terça-feira, 8 de março de 2005

ブラジルの水道と下水道の普及率

ブラジルでは、最近下水道への投資が減っているということで、
衛生状況が悪くなっているという記事があった。

市街地人口あたりの普及率は、全体では次の通りである。
上水道    95.3%
下水道※   50.6%
下水道処理 28.2%
  ※回収したものの処理していないもののようだ。

ブラジルのような広大で、都市化が急激に進んでいる国にしては、
いい数字ではないかと思う。

州別の数字もあった。
下水普及率が最も高いのはやはり首都のブラジリアのある連邦区である。
計画都市であることと面積が狭いことで、89.3%に達している。

2番目はサンパウロ州で、80%である。
リオ・デジャネイロ州は、42,4%
環境都市というクリチーバが州都ののパラナ州は47.8%。
ミナス・ジェライス州は47%。

ブラジル北方の新興の州はおしなべて極めて低い数字である。
最も低いのは、ロライマ州で1.7%
パラ州2.4%。
アパマ州5.6%

その他もだいたい10%台である。

不思議なのは、比較的裕福な南部の
サンタ・カタリーナ州とリオ・グランヂ・ド・スル州が
11.1%と10.4%と、極めて低いことだ。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権 | Main | ブラジルへの送金の20%は日本から。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3218806

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの水道と下水道の普及率:

« サッカー・サンパウロ州選手権 | Main | ブラジルへの送金の20%は日本から。 »