« ブラジルの水道と下水道の普及率 | Main | コリンチャンスのパサレーラ監督始動 »

terça-feira, 8 de março de 2005

ブラジルへの送金の20%は日本から。

海外に住んでいるブラジル人からの、ブラジルへの送金が
年々増えている。

中央銀行の把握している送金は、次の通りである。
1999年 11.91億ドル
2000年 11.12億ドル
2001年 11.78億ドル
2002年 17.11億ドル
2004年 20.18億ドル
2005年 24.58億ドル

そして、日本からの送金は次の通りである。
1999年 4.76億ドル
2000年 2.94億ドル
2001年 4.44億ドル
2002年 5.32億ドル
2003年 5.26億ドル
2004年 4.19億ドル
減ったり増えたりしているが、だいたい安定している。
2004年では、約20%を占めている。
400億円もの金が、ブラジルに送金されているわけだ。
20数万にもなる、在日ブラジル人の力も凄いものだ。

2004年では、米国からは153.4億ドルで60%を占めている。
だいたい50%前後を占めていて、2004年とくに増加している。

実は、この記事はこの送金金額の以上もの金額が、
別の方法で送金されているようであるという。

地下銀行や、マネーロンダリングそういったことを言っているのである。

|

« ブラジルの水道と下水道の普及率 | Main | コリンチャンスのパサレーラ監督始動 »

Comments

日本人だけですよね正規のルートで送金するのって。ヨーロッパへの出稼ぎがダントツに多いはずですもんね。

Posted by: brazil-fashion | terça-feira, 8 de março de 2005 at 14:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3218809

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルへの送金の20%は日本から。:

» フィリピン警察、違法賭博業者を調査 − 国際的な資金洗浄の疑い [アジア金融道]
本日の日経金融新聞から。フィリピン警察がインターポール(国際刑事機構)と合同で、非合法賭博業者に対する調査に着手したとのこと。中東などに出稼ぎに出ているフィリピン人労働者から本国への外貨送金仲介を無料で請け負って、賭博収入を合法な資金に変えていた疑いだそうです。出稼ぎ労働者の本国送金を使うなんて、マネーロンダリングも手がこんできてますねぇ。。。それにしてもフィリピンって、やっとのことでマネロン法を通過させて、ようやくFATF ... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 25 de maio de 2005 at 05:41

« ブラジルの水道と下水道の普及率 | Main | コリンチャンスのパサレーラ監督始動 »