« サンパウロは雷雨 | Main | 予備校生 »

sábado, 12 de março de 2005

ロナルドとダニエラ・チカレリの結婚式 その5 1ヶ月後

ロナルドとダニエラ・チカレリが、結婚式を挙げたのは、
聖バレンタインの日である。
それから、もう一月になる。

ブラジルでは、相変わらず二人のネタが継続して、
追いかけられている。

とは言え、ロナルドは、ブラジルにはいないし、
レアル・マドリの一員として、点数を取っていれば問題はない。
ルシェンルブルゴ監督との確執が多少噂されるくらいだ。

一方、ダニエラ・チカレリは、ロナルドとの結婚で
一躍株を上げた、どちらかといえばは、超一流ではなかったモデルだ。
それが、婚約後色々なメディアに出て、玉の輿に乗ったと言うところだ。

だが、
実はダニエラ・チカレリが結婚していたという暴露話や、
二人のそれぞれの離婚が正式ではない話などが出てきたり、
パリ郊外で行われた結婚披露パーティーでのいくつかのごたごた話で、
ダニエラ・チカレリの評判はちょっと落ちてきている。

披露パーティーから閉め出された一人の、カロリーニ・ビッテンクーチは
何度もメディアに出て、有名になり、これもモデルとしてのギャラを
ぐんと上げた。
最近では、BrasilTelecomという電話会社のCMに起用されることが決まり、
TIMという携帯会社のCMに出ている、ダニエラ・チカレリとの
新たな対決の場として盛り上がっている。

さて、今ブラジルでもっとも下品なお笑い番組は何度か取り上げた
redeTV!という局から放送されているPanico na TVという番組である。
日系人タレントとしてもっとも有名であろうサブリナ・サトー嬢Sabrina Satoも、
この番組のレギュラーである。

この番組にはいくつかのコーナーがあるのだが、
その中の一つに、有名人にみすぼらしいサンダルを履いてもらうというコーナーがある。
Sandaria de Humildade(謙譲のサンダルとでも言うのであろうか)というコーナーである。

普段、キチンとした綺麗な服装をした人に、そういったサンダルを履かせることで、
まだ心は綺麗ですよ。普通の人と変わりませんよ。親しみやすい人ですよと、
いうことを、示させるコーナーである。

突撃で、有名人の立ち回り先を訪ね、その場でお願いするのだが、
なかなか一回でOKとはならない。
特に、普段から近寄りがたいような女優を狙ったりするのだから、
当然だ。
いつも、本人やスタッフや護衛と揉めたりする。
そのいった光景は全て放映されている。
数週間に渡り、追いかけ回したあげくに、最後には履いて
もらうということになる。

今は、有名コーナーになり、
このサンダルを履きたいというタレントもいるが、
狙いははかないであろう、いつもスタイルを気にしているような
人を狙っている。

実際履かなかった人もいる。
クロードビル・エルナンデスという服飾評論家をはじめとして、
マルチに活躍しているゲイの人だ。
今年の6月で68歳になる人なのだ。
同じrede TV!に午後に番組をもっていた。

この人を追いかけたのだが、まず自宅、テレビ局、スタジオ、
ハイウェイ、別荘などを追っかけるも 、ことごとく拒絶される。
本人、スタッフ、護衛などからも手が出る。
弁護士から抗議状も出る。
警察にも通報される。
ヘリコプターで、空中から執拗に車を追う。

むちゃくちゃな話だが、これらは全て放映されている。

クロードビル・エルナンデスに、履いてもらうためのコンサートまで行われた。
しかし、結局2ヶ月以上の大騒ぎの末にも、彼は履いてくれなかった。
その代償ではないだろうが、彼は番組の司会者の地位を
ファクシミリ一枚の通知であっさりと降ろされたのである。

このはちゃめちゃなコーナーが、新たに目をつけたのが
ダニエラ・チカレリである。
パリでのとんでもない結婚披露パーティーは、全て彼女の
要求によるもので、とても高慢ということになってきていたからである。

まず、パリに飛んで
結婚披露パーティー会場のお城のまわりで、
出席者への突撃インタビューなどで、騒ぎを起こした。
フランスの警察からも、警告を受けていた。

ダニエラ・チカレリはブラジルでの仕事があるので、
結婚後ブラジルに戻ってきている。
この3週間ほど、ダニエラ・チカレリの立ち回り場所を追いかけ、
その周辺でのどたばたを放映していた。

そして、昨日(3月11日)の放送で、ダニエラ・チカレリが司会者である
番組収録のために訪れたMTV(音楽放送専門局)というテレビ局の前で
張っていた。
かなり長い時間待っていて、
しばらくはそのどたばたを撮していた。
スタジオ収録の参加者の学生の一団に紛れて入ろうとして閉め出されたり、
ロナウドのそっくりさんをどこからか連れてきて、テレビ局に潜入させようとしたり、
話は付いているのだろうが、無茶な番組だ。

そしてついに、ダニエラ・チカレリが出てきた。
元々、彼女はこのコーナーに出たり、サンダルを履くことから、
逃げているわけではなかった。
スケジュールや、そしてスタッフや護衛がそうさせなかったようだ。
局の近くの道に、ソファーを置いて、ちょっとしたお馬鹿な質問をして、
そしてついにサンダルを履く時間になったのだが、
彼女は何の躊躇もなく履いてくれた。

そして、花火が上がり、ブラスバンドが出てくるというお騒がせがあり、
ダニエラ・チカレリはまた次の仕事へ向かった。

ところで、何度もこのサンダルを履く光景が流れたのだが、
ダニエラ・チカレリの右足の指は6本だった。
アップでも何度も何度も出てきたのだが、6本だった。

ちょっと驚いた。

番組の雰囲気を知りたい方は、こちらこちらにアクセスしてください。

|

« サンパウロは雷雨 | Main | 予備校生 »

Comments

見さしていただきました
あとSabrina Sato嬢 はとても セクシーで
気に入りました。 自分の中ではロナウド嫁よりきました思わぬ収穫でした
日記を楽しく読ましていただいてます。
これからもがんばってください

Posted by: しゅれい | domingo, 13 de março de 2005 01:41

特に面白かったのは 男の人たちが 足のにおいをかいでいたとこです。 かなりの匂いフェチにちがいない(笑)

Posted by: しゅれい | domingo, 13 de março de 2005 01:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロナルドとダニエラ・チカレリの結婚式 その5 1ヶ月後:

« サンパウロは雷雨 | Main | 予備校生 »