« 復活祭が近づく その4 タマゴ・チョコ | Main | キティーちゃんとシトロエン »

sábado, 19 de março de 2005

パカエンブー その1 地区の誕生日

3月20日は、地区の誕生日だ。

郵便受けに、案内状が入っていた。
20日(日曜日)の9時から、
地区内の広場で、ちょっとしたイベントをやるという。
食品は各自で持ち込みということである。

1930年から40年代にかけて造成されてできあがった地区である。
元々は、ただの起伏のある土地で、
小農場などがあったようだ。

それを、”CIA.CITY”という会社が開発を手がけている。
この会社は、サンパウロの各所で同様の開発をおこなっている。

1900年以降のサンパウロの急成長に伴い、良質な住宅地を
供給していく必要ができて、
この会社が次々とその任を担った。

JardinsやAlto do Pinheirosなどもそうだ。
また、CITYと名の付く地区が
City PinheirosやCity Lapaなどとあるが、これらもそうだ。
非常にしっかりとした計画で造成されており、
インフラも当時としては別格に整っていた。

いまでも
これらの大部分は高級住宅地である。

マンホールの蓋にも、CIA.CITYの文字は残っている。

この会社は、今でも存在している。

案内状内に示された、地区の範囲である。

pacaembu0319a

この集まりの主催者は、この地区の住民組織である。

|

« 復活祭が近づく その4 タマゴ・チョコ | Main | キティーちゃんとシトロエン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3363932

Listed below are links to weblogs that reference パカエンブー その1 地区の誕生日:

« 復活祭が近づく その4 タマゴ・チョコ | Main | キティーちゃんとシトロエン »