« ブラジル大統領とレニー・クラヴィッツ | Main | 地図売りの男 »

domingo, 20 de março de 2005

反乱の翌日

サンパウロの西にある「拘置所」で反乱が起きたのは、
3月17日。

14時間の反乱の後、沈静化した。
反乱の原因は、脱走しようとした収容者がいたのを、
取り締まろうとしたところから始まった。

看守側が、2名なくなった。

その翌日18日に現場を通りかかった。
何もなかったように静かであった。

道路には車線規制がわずかに残っていた。
でも、マスコミもいなかった。
警察車両も、普段と変わらない程度であった。

ただ、反乱者がはぎ取った屋根の瓦のあとが、
まだらな模様として残っていた。

sp20050318c

|

« ブラジル大統領とレニー・クラヴィッツ | Main | 地図売りの男 »

Comments

そんな事件があったんですかー。

そのころ私はイグアスの滝あたりにいました。
情報の摂取ができなかったというのもありますが、ぜんぜん知りませんでした・・・。

Posted by: ときたみ | sexta-feira, 25 de março de 2005 05:03

>ときたみ様
少年院や、刑務所の反乱と脱走というのは、
よくあります。
テレビで報道していませんでしたか。

Posted by: Sao_Paulo | sábado, 26 de março de 2005 00:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 反乱の翌日:

« ブラジル大統領とレニー・クラヴィッツ | Main | 地図売りの男 »