« 復活祭が近づく その5 タマゴ・チョコ | Main | サントスの新監督決まる。 »

terça-feira, 22 de março de 2005

ブラジルのテレビの生放送でおきたこと

ブラジルのテレビでは、公開生放送番組がとても多い。
観客も、日本に比べて、大人数を入れている。

この公開生放送を、余りやらないのがGLOBOという
最大手のテレビ局である。
この局は、視聴率40%-50%の番組を、沢山持っている。
視聴率調査では、この局の番組だけでベストテンを押さえてしまう。

その他の局では、20%の番組もそれほどない。
とにかくGLOBOの力は圧倒的なのだ。

だから、この局の作る番組はお金がかかっているし、それだけに見応えがある。
番組が作り込んであるのだ。

一方の他の局は、お金がない。
いきおい、お金のかからない番組作りをしなくてはならない。
時間とお金のかかる編集作業などやってられないのだ。

そこで、公開生放送番組が増えるのだ。
そのように、勝手に解釈をしている。

ところで、
今日(3月21日)夕方の"Tarde Quente"(「暑い?熱い?午後」とタイトル)という
毎日の番組が放送されていた。
この番組途中に、ゲストにインタビューしているうちに
司会者が気を失って倒れてしまったのだ。

foto_2

多分30歳代の男性だ。

担架でスタジオ外に運ばれ、
救急車を待つ、
会社の医療室か何かのスタッフが一応ついていたりする。

それを、ずっとカメラで写している。

しばらくして、気を取り戻したこと司会者。
足に感覚がない、手がしびれるなどといって、
苦しそうにもしているし、息苦しそうにして、
スタッフに話をしている。

そのうちに、救急車がやってきて、
また救急隊員が、脈をとったりする。

そのままCMになって、
CM明けは、別のコーナーになった。

密かにこれは、やらせだろうとにらんでいる。

復活祭の週になったこともあり、
明日あたりには出て来て、神が見えたのだの、
マリアが見えただの言うかもしれない。
先祖が呼んでいたというのもあるかもしれない。

また、倒れたのは18時前で、
この後には、他局の高視聴率番組(10数%程度)が、
始まるので、このアクシデント(?)で視聴者を引きつけたのでは
ないかと言うのはうがちすぎか。

他局の番組というのは、
「警察24時」のような番組で、
事故や事件を報道するもので、
毎日やっている。
ほとんど殺人や強盗や誘拐や麻薬など、ネタは尽きない。

結局この司会者がどうなったかは判らなかった。
明日になれば、また出てくるであろう。

生放送中に、色々なことがおきるのは実は初めてではない。
どの局ででも、こんなことがおきたのを知っている。

|

« 復活祭が近づく その5 タマゴ・チョコ | Main | サントスの新監督決まる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのテレビの生放送でおきたこと:

« 復活祭が近づく その5 タマゴ・チョコ | Main | サントスの新監督決まる。 »