« リオ・デ・ジャネイロの虐殺30人殺し その2 | Main | 生魚には気をつけるようにとの報道 »

terça-feira, 5 de abril de 2005

ブラジルと、ローマ法王ジョアン・パウロ2世 その5 後継者の候補

引き続き、
ローマ法王ジョアン・パウロ2世の逝去関係の報道が
続いている。
今日は、バチカンで行われている一般の弔問の様子が
延々と映し出されている。

そして、ますます話題にとして取り上げられてきたのが、
次期法王のこと。
ブラジルにも、バチカン・ウォッチャーというのがいたようで、
色々と解説をしてくれる。

その中で有力候補者の一人といわれている、サンパウロ大司教の
クラウヂオ・ウメネス枢機卿についての報道がある。

6

ブラジル南部のリオ・グランヂ・ド・スル州の出身で、1934年生まれの70歳。
24歳の時に、司祭への選んだそうだ。

1975年から1996年の間は、サンパウロ南郊のサント・アンドレの司教であった。
この時期は、軍政時代の後期に当たる。
特に1980年代は、開かれた政治になりつつあったこの時期に
多かった金属工組合の工場ストライキを支持している。
この時期には、現在のブラジル大統領ルイス・イナシオ・ダ・シルバも
この労働運動の指導者の一人として活躍していたのは、偶然とはいえ、
何かの運命であったのであろう。

彼は、教会で、労働者が軍政下で不公平な立場におかれていることをしり、
組合がこの運動の会議をすることを認めていた。

1996年に、ブラジル北部フォルタレザの大司教にあったが、
1年と少しで、1998年にはサンパウロ大司教となった。

そして、2001年には枢機卿に任じられた。

彼は、本日夕刻にサンパウロを出発し、
ポルトガル経由で、ローマへ行くそうである。

ところで、週末のブラジルのテレビの視聴率は数%下がったそうである。
特別番組に食傷気味の御仁が多かったということだ。

|

« リオ・デ・ジャネイロの虐殺30人殺し その2 | Main | 生魚には気をつけるようにとの報道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3585334

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルと、ローマ法王ジョアン・パウロ2世 その5 後継者の候補:

« リオ・デ・ジャネイロの虐殺30人殺し その2 | Main | 生魚には気をつけるようにとの報道 »