« 今週のブラジルの週刊誌Veja | Main | ブラジルも隣国で大使館を囲まれる その2 »

sábado, 23 de abril de 2005

サンパウロFCの監督決まらず

今週の月曜日に、突然前監督のエメルソン・レオンが、
日本のヴィッセル神戸の監督に就任するとして辞任し、
監督不在となったサンパウロFC。

木曜日には、チリで、リベルタドーレス杯の試合があり、
Universidad de Chileと戦い、1対1で引き分けた。
これで、チームは、予選突破を確実にしている。

この試合は、助監督のミルトン・クルーズMilton Cruzが
指揮を務めている。

サンパウロFCとしては、
インテルナシオナルInternacionalの監督のムリシー・ラマーリョ
Muricy Ramalhoと監督就任の交渉をしているようであるが、
ラマーリョより、Internacionalへの契約破棄の罰金として
1百万レアル(約4200万円)の支払いの義務があり、
これの肩代わりの要求が出ている。

一方、サンパウロFCの選手たちが、クルーズが
リベルタドーレス杯も、ブラジル選手権も指揮を
取ることができるように、サンパウロFCの経営陣に要求したと
言うことである。

その他の就任の同意がない限り、クルーズはテストされ続けられる。

今のところ、監督としての仕事を始めるには、
技術的に完全な状態が整っているというわけではないが、
日曜日には、ブラジル選手権の試合で、リオ・デ・ジャネイロにて
フルミネンシと対戦するが、クルーズが再び指揮をとる。

|

« 今週のブラジルの週刊誌Veja | Main | ブラジルも隣国で大使館を囲まれる その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サンパウロFCの監督決まらず:

« 今週のブラジルの週刊誌Veja | Main | ブラジルも隣国で大使館を囲まれる その2 »