« ブラジルも監督交代のドミノ その2 パルメイラスの監督決まる | Main | 生魚には気をつけるようにとの報道 その5 »

sexta-feira, 22 de abril de 2005

地下鉄クリニカス駅 その9 アラサ墓地 5 小出先生顕徳之塔

サンパウロの地下鉄クリニカ駅の前にある
大きくて古いアラサ墓地。

サンパウロの歴史にとって、
大事な方もここに眠っているに違いない。

墓銘碑を見ながら歩いていると、
日本語のものがあった。

「小出先生顕徳之塔」とあった。

sp20050320f

「小出先生」とはどなたかなと思った。
日本語学校か何かの先生と思った。
昔、移民は華やかりし頃は、
裁縫学校や料理学校など、色々な学校があったというので、
そういった関係かとも思った。
墓碑の写真が女性だったからだ。

裏面を見た。
宗教の「生長の家」の関係の方であった。

sp20050320g

生長の家は、ブラジルでは隆盛のようだ。
地上波のテレビで、毎晩深夜とは言え1時間の番組を持っている。
サンパウロ市の南の方では、何カ所か施設を見たこともある。
サンパウロ西郊のイビウナと言うところには、
更に巨大な何かがあるようだが、行ったことがないのでわからない。

おそらく、この「小出先生」は、その今日の隆盛の礎を
お作りなられた方なのであろう。

|

« ブラジルも監督交代のドミノ その2 パルメイラスの監督決まる | Main | 生魚には気をつけるようにとの報道 その5 »

Comments

うちのソグラが生長の家です。
イビウナには錬成場とかいうものがあるらしく、たまに行ってらっしゃいます。

Posted by: DINDINHA | sexta-feira, 22 de abril de 2005 at 03:00

うち義父の知人にもいるし、店に無料の配布の雑誌を持ってきてくれます。。

成長の家って宗教なんでしょうか??
あれって倫理でしょ??
不思議だな~~。

Posted by: Gabbyna | sexta-feira, 22 de abril de 2005 at 11:43

>dindinha様
>Gabbyna様
「成長の家」に限らず、色々な日系の宗教が
進出してきていますが、なぜか日本にいるより、その存在を強く感じます。
ブラジルにいると皆さんなぜか、宗教に近くなるような。
やはり、ブラジルにいると悩みが多いのでしょうかね。
日本にいると、ブラジル人は陽気で明るいというイメージを持たれているけど、そうでもないですよね。

Posted by: Sao_Paulo | domingo, 24 de abril de 2005 at 03:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3807691

Listed below are links to weblogs that reference 地下鉄クリニカス駅 その9 アラサ墓地 5 小出先生顕徳之塔:

« ブラジルも監督交代のドミノ その2 パルメイラスの監督決まる | Main | 生魚には気をつけるようにとの報道 その5 »