« ロマリオのブラジル代表引退試合 その1 最後の1点 | Main | ロマリオのブラジル代表引退試合 その2 ドゥンガも登場 »

quinta-feira, 28 de abril de 2005

ブラジルの「ナニヌネ・・・・」と「き じす・・・・」

ブラジルのテレビが、昔から好きだ。
もちろん、日本のテレビも、好きだった。

昼過ぎにチャネルを変えていたら、
変な番組をやっていた。

ポルトガル語でしゃべっているのに、
字幕に「日本語」が使われていたのだ。

spd20050428j

児童向けドラマであった。
日系の友達の家に行って、その家のお爺さんと話しているというような設定であった。
お爺さんは、達者なポルトガル語を話してるのに
字幕は必要ないはずだ。

それも、「ひらがな」や「カタカナ」が、使われているのだ。
さらに、全く徹底的に無茶苦茶だ。

spd20050428k

この放送局は、テレビculturaといって、
視聴率とは無縁の良質の番組を放送しているテレビ局である。
サンパウロのテレビ局である。

日系人の沢山いるだから、
「ひらがな」や「カタカナ」までは使えたのであろう。
意味まできちんと使えるほど日本語が出来る社員はいなかったし、
校正を依託する予算もなかったのだろう。

そこまでする必要もないだろうが。。。。

サンパウロには、
「間違い」日本語は溢れている。

|

« ロマリオのブラジル代表引退試合 その1 最後の1点 | Main | ロマリオのブラジル代表引退試合 その2 ドゥンガも登場 »

Comments

わはは!
こんな番組、見てみたいなあ。
字幕作者は、「ナニヌネ ハセ」が気に入っているみたいですね。
わたしは、ペルーに住んでいるときキャンディキャンディがやっていて、いつもお話の最後に「つづく」が鏡文字ででてくるのが楽しみでした。
あ、体調はすっかり回復です~。

Posted by: ひろた | sexta-feira, 29 de abril de 2005 at 09:10

この番組、アントニオ ファグンデスが出てるやつのワンシーンじゃないですか?
たしかに、あれには日系人が出てきて、おかしな日本語を聞くことが出来ます。

Posted by: DINDINHA | segunda-feira, 2 de maio de 2005 at 04:30

>ひろた様
元気になって、良かったですね。
やはり、あのときの暴飲暴食が一時的に祟ったんでしょうかね。
海外で見る日本のテレビや映画は変な楽しみも多いですね。

Posted by: Sao_Paulo | quinta-feira, 5 de maio de 2005 at 03:47

>dindinha様
お昼過ぎに、ちょっと発見しただけで、
なんという番組かわかりません。
dindinha様は、お詳しそうですね。

Posted by: Sao_Paulo | quinta-feira, 5 de maio de 2005 at 03:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3903382

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「ナニヌネ・・・・」と「き じす・・・・」:

« ロマリオのブラジル代表引退試合 その1 最後の1点 | Main | ロマリオのブラジル代表引退試合 その2 ドゥンガも登場 »