« 地下鉄クリニカス駅 その9 アラサ墓地 5 小出先生顕徳之塔 | Main | 国際協力はこのように。 »

sexta-feira, 22 de abril de 2005

生魚には気をつけるようにとの報道 その5

ブラジルで供されている、チリから輸入された鮭が、
正しい冷凍管理をされていないために、
それを食した人に寄生虫が宿り、
健康を害した例があると、
衛生当局が発表して、3週間目に入った。

やはり、日本食レストランは売り上げに
影響が出ているらしい。
全く気にしていないお客も多いようだが、
普通は気にするはずだ。

このところは、新ローマ法王のニュースの時間が多いので、
他のニュースの時間が削られている。
2-3日は、この「鮭騒動」のニュースは聞いていない。

近くの日本食レストランは、
また新たな証明書を貼り付けていた。
4月20日付であった。(これを見た当日の日付けだ。)

sp20050420e

政府発行の「衛生証明書」だ。
該当の物は、良い状態にあり、国内で流通しても良いということを証明しているのである。

魚の種類: 鮭   4尾 126.10キロ
原産地 : チリ

やはり、これくらいしないと信用しない客もいるということだろう。
毎回こんな事を続けていると、
検査費用もバカにならないはずだ。

価格に跳ね返ってくるのであろうか。

|

« 地下鉄クリニカス駅 その9 アラサ墓地 5 小出先生顕徳之塔 | Main | 国際協力はこのように。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/3807820

Listed below are links to weblogs that reference 生魚には気をつけるようにとの報道 その5:

« 地下鉄クリニカス駅 その9 アラサ墓地 5 小出先生顕徳之塔 | Main | 国際協力はこのように。 »