« ブラジルの人種差別 その2 アルゼンチン選手拘留中 | Main | ミス・ブラジル その5 ミス・ブラジル2005 »

sexta-feira, 15 de abril de 2005

ブラジルの人種差別 その3 アルゼンチン選手釈放

4月13日に、サンパウロ・モルンビー競技場で行われた、
トヨタカップリベルタドーレス戦の
サンパウロFC対キルメス(アルゼンチン)において、
「人種差別」的暴言により、
逮捕されていたアルゼンチンのレアンドロ・デサバト選手。

今日(4月15日)13時半に、
サンパウロ市カーザ・ヴェルヂの13分署にて、
釈放された。

362005041515223615Arge15

保釈保証金は、1万レアル(約40万円)。

選手は、試合後もサンパウロにいたチームと合流し、
18時45分のブエノスアイレス行きの飛行機で
帰国した。

選手は、帰国したが、
ブラジルの裁判所が求めるときには、
ブラジルに戻ってこなければならないという。

わざわざ、戻ってくるだろうか。


|

« ブラジルの人種差別 その2 アルゼンチン選手拘留中 | Main | ミス・ブラジル その5 ミス・ブラジル2005 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの人種差別 その3 アルゼンチン選手釈放:

» 人種問題、サポーターの暴動-はけ口としてのサッカー、その2 [Futblog☆ブラジル・サッカー熱視線]
ヨーロッパでも南米でも人種差別発言は昔からサッカーのピッチであった、関係者はそれ... [Read More]

Tracked on segunda-feira, 18 de abril de 2005 08:12

« ブラジルの人種差別 その2 アルゼンチン選手拘留中 | Main | ミス・ブラジル その5 ミス・ブラジル2005 »